未分類

HONDA BF75A1とBF225AK3の点検整備とアレ!

1-18

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日のワタクシは、早朝から出張点検修理へ

1-17

新しい相棒のCR-V(RD-7)君の心臓にはVTECが付いているので

追い越しがさらに楽になりました。

本当にVTECは素晴らしい機能です。

ほとんどモーターのような感覚でビュ~と。

朝夕の、ワンボックスで、人がいろいろ乗っているヤツに

後ろからアオられても、一気にダッシュで逃げられます。

1-16

和歌山なのに道路わきに雪がたくさん残っています。

そういえば先日、和歌山の高速の多くが通行止めだと

ラジオで言ってました。

いまだに残っているところを見ると、かなり降ったのですね。

で、予定より早く着いて、作業に入ります。

1-3

まずはHONDA BF75A1の修理です。

CDIユニットを交換します。

これはオーナー様よりのご依頼です。

1-4

CDIユニットの交換が数分で終了し、ご依頼の目的は達しましたが、

簡単すぎて仕事をした気にならないので、サービス残業、いや作業します。

サースタットを点検しようとカバーを留めているボルトを

緩めようとしますが・・・上のは緩んだのですが・・・

下は、びくともしません・・・というか、無理に緩めると

折れそうです。

あきらめます。

これを折ると、この下に続くウオータージャケットカバー全部を

はずさないとネジ穴修正できないのですが、

このボルトが緩まないぐらいなら、下に続く10本ほどあるボルトも

何本かは折れるでしょう。

サーモスタットは2~3年おきに点検、交換しましょう。

そして緩めたボルトには耐水グリスやシリコン、ネジロック剤

等を塗って塩噛みを防止してください。

艦隊勤務の掟です。(敬礼!)

1-5

緩んだ上のボルトだけ、耐水グリスをぬって再度締め付けます。

昔、意地になって確認して、3本も折れて

半泣きになりました。

翌日もタップとかヘリサートもって現地へ・・・(悲)

ボルトの折れを覚悟する場合、エンジンをはずして持ち帰る

決心が必要です。

1-6

スロットルの開き具合を注視していると、全開になっていないような・・・

スロットルケーブルを確認すると、指定位置より

ずれていたので修正します。(写真は修整後)

1-7

(不許複製・・ですがお許しください。ダメならご一報ください。

すぐに削除します。)

1-8

下側も規定通りに調整しました。

調整して、緩んだ長年の伸びた分は反対側で調整しておきました。

調整が済んだので陸上試運転します。

1-11

今回はスパークプラグもそのままですし、キャブレターも

掃除をしていませんので、アイドルrpmはほんの少し高めに

しておきました。

さて、いろいろしているうちに1.5時間ほど経っていました。

作業を終了後、次の目的地に移動します。

1-18

昨年進水したBF225AK3の点検整備です。

ピカピカの「225」デカールの「2」に

隣のボートのステンレス日よけワクが映っていますね。

1-19

パソコン診断します。

総運転時間がまだ37時間でした。

そのうちアイドリング(エンジン掛かっているがクラッチつながらず)22.5時間です。

そしてトローリング(デッドスロー)が2.5時間。

それ以外(低速~高速)が12時間でした。

全開はゼロ。

で、12時間の移動走行のうち、8.5時間がエコ運転の

リーンバーン運転(希薄燃焼運転)をしていました。

実に走行中の70%もリーンバーン運転なのですね。

お客様、すごくうまくHONDA船外機を使っておられます。

うれしくなりました。

下の写真は、パソコン診断機のインターフェイスをつなぐカプラーですが、

BF225AK3になってから、すごく辛くなりました。

1-20

つなぐのも一苦労ですが、一旦つないだら、カプラーを

はずすとき地獄です。

何とかA6とかの時代のように何も気にせずつながるように

してほしいのですが・・・

ひょっとして、BF225AK3でパソコン診断しているのは

世界中でワタシだけ?

(いやいや、そんなことは絶対無いです(笑))

1-21

ギヤオイルの交換は、ちょうど初回点検ぐらいの感じになりましたか?

まだきれいですが、初回は早目がよいですね。

1-22

スラストワッシャーにラインの巻き込みは無です。

新しいグリスを塗布します。

1-23

私はいつも、エンジンオイルの交換は、

大部分を吸引で抜いて、その後に陸置ならドレンボルトを

緩めて残りのオイルとともに沈殿物を抜きます。

オイルドレンのカバーには、不思議な穴があります。

1-24

不思議なカバーの穴をトレイのような受けの下にある

突起に突っ込みます。

1-25

一般のユーザー様は、こういうようにすれば

エンジンオイルを抜きやすくなるように設計されています。

私?

ワタシはしません。

ほとんど上から抜けているので

下からは直接小さなお皿で受けています・・

全部下から抜く人向きです。

下抜きの人は7リッター以上抜くので、大きなバケツで受けてくださいね。

1-27

各部グリスアップします。

グリスニップルが上を向いているので、油圧操舵機を

そのままでグリスを挿せるようになりましたね。

昔のはどこのも、真正面で・・・大変でした。

たまに、自分でメンテするというオーナー様が

「グリス・・・挿したことない」と言われますが、

ワタクシ、大きなエンジンでは1回で

缶コーヒーの250ccの1本分ぐらい使うことが多々ありますよ。

船外機は胴体=排気管なので、熱の影響を受けやすかったり

水に流されたりするのでしょうか?

なんせ、グリスは買っても買っても大量に無くなります。

そうそう、昨日も「首を振らなくなった船外機の修理」の

相談を受けました。

長年放置の末、グリスが入らなくなったら、分解するしかないです。

グリスガンは必需品です。

自分でメンテナンスする人は、絶対に買ってくださいね。

1-28

さて、最後の確認の試運転です。

新しいエンジンなので当たり前ですが、一発始動で

調子は絶好調です。

各部チェックし、リモコンケーブルが1~2ミリ伸びていたので

詰めておきました。

最初に伸びること、あるらしいですが、

確かにちょくちょく見かけます。

特に今回のボートは電子リモコンだったので、

きっちり調整しておきたいです。

そうそう、遠方の業者さまからBF80Aが決まったと

うれしいメールが届きました。

ユーザー様、他社90馬力と迷った末の選択だとか。

ありがとうございます。

そう、スポーティーな走りを望むときも

ぜひ、HONDA船外機を選んでください。

全開まで一気に、モーターのようにブインブイン回ります。

耐久性もあります。

F1とか、レースが大好きの会社ですから~

(今年のボートショーブースでは、アレも展示されるようです。

アレです、アレ・・・みんな大好きな・・ああっ、これ以上は・・・・・)

 

コメントを残す

*

CAPTCHA