未分類

水没後のリコイルスタータースプリングは?

1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日、修理屋点検でお預かりしていた船外機が

5台ほど同時に帰っていったので、

ピットがガラ~んと空いて、気が抜けそうな

本日です。

気を引き締めねば!

その帰っていった船外機の1台が水没機だったのですが、

お客様が古い部品を置いて帰られましたので、

分解をしてみました。

1

これ、エンジンを始動するとき引っ張る

リコイルスターターのスプリングです。

1週間ほどで、海水で錆びてきています。

水没機の場合、このようになる可能性を伝え、

どうするかお客様にお聞きするのですが、

今回はスプリングだけでの部品設定がなかったので

リコイルアッセンブリー交換をご依頼いただきました。

スプリングだけでの設定がある場合は、

新品に交換するのがベストです。

錆は長時間かけてじわじわ来るので、

数年後に破断とかになるかも知れません。

一度錆びだすと、定期的に分解してメンテナンスしないと

不安です。

特に船外機は海に出ますので、命が掛かっています。

最近も近所のおじさんに草刈機の修理を依頼されたのですが、

スプリングが錆びてバラバラになっていました。

雨の中で作業していたのかな?

もし、過去に水没させたことがある方は、

一度点検をお勧めします。

あと、分解するときは、スプリングの飛び出しに

十分ご注意ください。

ビック箱みたいに飛び出すことがあります。

目などに当たると大変です。

ご注意の程、お願い申し上げます。

明日から関西ボートショーのお手伝いにいきますので

留守になります。

BF225AK3の説明員ですわ。

留守になり、ご迷惑をおかけいたしますが、

宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA