未分類

冷や汗かいたTOHATSU M5Bの修理でした。

bf90d00

皆様、ご機嫌はいかがですか?

弊社にめずらしい船外機がやってきました。

「BOATMASTER」・・・

m1

2ストロークの空冷単気筒です・・・・

m2

製造したのは「光洋モーター株式会社」で、

東京の目黒区だそうです。

m3

「ポイント点火」です。

私のコレクションが増えました。(笑)

さて、本日は修理でお預かりしていた

TOHATSU     M5Bのお引渡しでした。

bf90d00

お預かりしたとき、「エンジンが掛からない」とのことでしたが、

一応プロですので、お客様の目の前で一発始動。

「おおっ」

お預かりの理由が消えた?

「ゴロゴロゴロ~」

クランクシャフト付近と思われるところから

ベアリングの異音が聞こえます。

いろいろ説明しまして、クランクを開けることを

お勧めしましたが、予算オーバーとのことで

キャブレターのOHとギヤオイルとプラグの交換を

依頼してお帰りになりました。

m4

ご依頼の内容を実施しましたが、

エンジンの始動に「コツ」が要るのは

変りませんでした。

m5

フライホイールもはずしましたが

問題はありません。

やはりクランクシャフトのベアリングが異音原因と

思いますが、実際に見てみないと100%断定できません。

m6

「モヤモヤ~」

で、とりあえず出来たので電話をしたら、

本日15:00に引き取りに来られるとのことで、

13:00より再度、お引渡前の試運転をしておきます。

「あれっ」

検水口から水が出ていません。

エアを通すと、また水が出てきました。

シリンダーブロックの温度を測ると

70度~90度あるでは無いですか!

(あせっていたので写真忘れました)

「水は出ているので、インペラー交換は不要」と

言われていたのですが、見ずにはいられません。

「あと2時間しかない~」

お客さんに点検不要と言われていても

見落としたら私の失敗と同じです。

冷却通路の点検を開始します。

「やっぱり」

m7

塩で通路がふさがっています。

m8

インペラーも半分死んでました。

部品があって命拾いしました。

冷却水通路を掃除して、

インペラーを交換したら、水の勢いが

倍ぐらいになりましたわ。

m9

温度も安定しました。

「よかった~」

作業が終わって直ぐ、お客様到着。

ベアリングのゴロゴロはそのままなので

仕方無いですが、

たぶんオーバーヒートもしていたんですね。

説明すると、お客さまもクルマのエンジニアさんで

「やっぱり専門に頼まないといけないね」と

缶コーヒーをご馳走していただきました。

有難う御座いました。

今後買い替えも検討されるとのことです。

ひさしぶりに冷や汗かきましたわ。

でも、間に合ってよかった~。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA