未分類

沖でエンジンがカブって掛からなくなったら、思い出してください。

0006-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日はBF2Dの点検を2台していました。

1台は2014年に弊社で購入いただいたエンジン。

0006-1

お盆休みにキャンプに行ってお孫さんと遊ぶので、

ちゃんと動くか見てほしいということです。

エンジンオイルを交換して、問題なく始動できました。

キャンプでしっかり活躍してね。

お次は業者様よりの依頼でBF2DHの点検。

オイルガ漏れるとのことですが・・・

197-4

燃料タンクに残っていたガソリンには

水の混入の痕跡が・・・

0006-3

キャブレターにも水が・・・

197-1

ギヤケースをはずすと、排気で真っ黒です。

これは、シリンダー内部でオイル燃えたのでしょう。

197-3

プラグも真っ黒です。

オイルは抜かれてやってきたので、入っていた量などは

不明ですが、何らかの原因でオイルが燃焼室に入って

燃えたのでしょう。

で、ご指摘の漏れの点検ですが・・・

197-8

オイルを250cc入れて、この状態で12時間放置します。

全く漏れてきません。

お次は、試運転です。

0006-2

高回転で、長時間運転します。

気温が暑く、BF2DH君がかわいそうなので

扇風機で風を送ってあげました。

これもエンジンオイルは全く漏れてきませんでした。

状況証拠よりの推測ですが、オイルが多かったか、

もしくはエンジンが傾いてオイルパン部から

シリンダー内に大量にオイルが入り、

排気がベチョベチョで排出され、それが地面まで

ポタポタ漏れたのかな?と思いました。

あくまで推測ですが・・・

ご指摘の内部から外部への漏れは全くありませんでした。

また燃料への水の混入で調子は悪かったはずです。

(始動性も悪いと言われていましたが・・・)

問題が無かったことがわかってほっとします。

さて、良くオーナー様より沖でエンジンが掛からなく

なったとき、どうしたらよいか、聞かれることがあります。

簡単にいえば、カブッた時の再始動すね。

通常のエンジンの掛け方は・・・

0006-4

チョークを弾いて・・・

0006-5

スロットルをスタート位置に保持してスターターロープを

思いっきり引っ張りますね。

夏などは、その日の1回目はチョークを弾きますが

2回目からはチョーク使わなくても掛かる場合が多いです。

ほとんどそうかな?

で、「沖で何回引っ張っても掛からない、カブッた」というときは

あせらずに、次の方法をお試しください。

まず、チョークは使いません。

0006-6

次にスロットルをスタート位置より多めに、

場合によっては全開ぐらいに開きます。

0006-7

この状況は通常より多く空気が入りますので、

燃料が濃く、カブっている場合に有効です。

何度かリコイルしているうちにどんどん混合気が

薄くなり、丁度良くなったときに掛かりはじめます。

注意点としては、エンジンが掛かった、または掛かる

兆候が有った場合、直ぐにスロットルを戻して

下さい。

エンジンが掛かったままスロットル全開で保持し続けると

ボートがロケットスタートして振り落とされる危険が

あります。

さらには絶対に立った姿勢で実施しないで下さい。

コツは素早くスロットルは戻すこと!

素早く戻す自信のない方にはお勧めいたしません。

落水するほうが恐いですから十分にご注意ください。

この方法は基本的にはキャブレターモデルの船外機には

すべて共通する理屈です。

万が一、沖でカブッたと思ったとき、

思い出してください。

(自己責任でお願いしま~す。)

コメントを残す

*

CAPTCHA