未分類

HONDA BF75DK0の電装のチェックは耳の良いTさんに助けてもらったんですっ!

003-4

皆様、ご機嫌はいかがですか。

昨日は定休日だったのですが、どうしてもお客様の立会いが

必要だったので出張修理に言ってきました。

オーナーのT様は器用な方で、約10年前にBF75DK0を

購入いただいたあとは、ほとんどご自分でメンテを

されています。

部品を買いに来たとき、少し交換のコツとか

聞かれる程度です。

今回の不調は、ご自分で奮闘されていましたが、

どうしても判らないということで出動となりました。

久しぶりですBF75DK0君!

さて、症状の確認で先に海上試運転に出ます。

「ある操作」をすると・・14.5Vから・・・

003-1

13.2Vまで電圧が下がります・・・

003-2

バッテリーは昨年交換したとのことで、新しく、

端子もクリーンで、比重も大丈夫です。

003-3

エンジンの方へもバッテリーと同じ電圧が行っているので

その後、エンジンの電装系をバラバラにして、各装置ごとに

目視やテスターで抵抗値や導通を計測しチェックしていきます。

「どこも、おかしくないなあ~」・・・

日中は本当に暑くて、でも日陰ではないので

逃げるところもありません。

T様がお弁当を買ってきてくれました。

本当に有難う御座います。

20分ほどで平らげ、また日差しのもとへ戻ります。

ここという問題点が見つからず、組みなおして

再度試運転に戻ろうとしたとき、症状がでました。

「どこだ、どこだ」

7:45から開始した作業が、もう15:00で

マリーナは帰港ラッシュでクーラーを持ったオーナーたちが

あちこちに増えてきました。

ボートを移動させる車両の爆音、掛け声などの

活気ある音の中でテスター片手に格闘して・・・

暑さで疲れてきたので、しゃがんで

サービスマニュアルを見ていると、

T様がエンジンにピタッとくっ付き、あるポイントを

ガン見しながら、

「Hさん、なんか音がしているような・・・」

ええっ、どこどこ

「プチ・プチプチ・プチ・・」

おお、どれや、どれや・・

配線を掻き分け、奥にあった音の原因は・・

003-4

マリーナの爆音の中、よく聞こえましたね。

一人だったら気が付かなかったかも知れません。

オーナー様に助けてもらいましたね。

これは今回の症状に直接関係無いので、

テストしていませんでした。

単独でテストすると、確か導通が無いです。

「こいつや!」

今週、部品が入ったらまた行ってきます。

早く直してあげないとね。

いっぱい釣りに行きたいオーナーの

BF75DK0なのです。

コメントを残す

*

CAPTCHA