新着情報

YAMAHA 9.9FMHSが直った。

14-5

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

ボートショーが近づいてきて、各メーカーのホームページが

にぎやかになってきました。

ヤマハさんは250馬力船外機2基掛けの32ft

フライブリッジクルーザーを発表されるのですね。

カッコいいです。

さて、なにをしてもギヤケースのオイルシール部の

漏れを止められなかったYAMAHA 9.9FMHSですが、

オーナーに許可をいただき、最終手段で

バーチカルシャフトを交換させていただきました。

14-1

上のが今までのシャフトで、筋が入っているのが

わかりますか・・・

下が新品です。

14-2

スペシャルナット(当然交換)なのに、さらにネジロックを使う

心配性な私・・・狭くて手が入らないので

低馬力は低馬力の苦労があります。

今回はギヤケース組立て~分解3往復しました。

14-3

「機械はうそをつきません」パッと直りました。

安くしてあげられなくて申し訳無いです。

このサイズのギヤケースは高馬力ほど精密ではないので、

シールをずらして打ち込んでもシャフトが微妙に

上下に動くからか、ずらした効果が出ないのか?

うまくいく場合の方が多いのですが、

今回は削れた溝が深すぎた?

14-4

やっと作業が進みます。

インペラーを新品に交換し・・・

14-5

組み上げたギヤケースにギヤオイルを注入。

当然パッキンは新しいのを使います。

14-6

燃料フィルターはちゃんとゴミをろ過していました。

14-7

グリスガンで注入すると、スイベルケースから

水がポタポタ出てきました。

海水と思いますが、放置すると中で塩が固まって

首を振らなくなる場合があります。

定期的なグリスアップで海水の追い出しを~

14-8

試運転開始です。

インペラーが新しくなったので、

勢い良く水が出ています。

調子はおおむね、問題はないのですが・・・

アクセルオフ時にほんの少し「ごほごほ」いうので、

遅くなったお詫びにサービスでキャブを清掃・・・

あれ、内部はきれいです。(掃除はします)

14-9

実施後、ほとんど変化無し・・・

では、これか?

14-10

お客様のご要望で、スパークプラグはご自身で

交換されるので、現状のままです。

14-11

調子は、もともと良かったということですが、

本当に調子は問題無です。

14-12

試運転終わりました。

キャブレター内のガソリンを抜いておきます。

1週間ほど余計に掛かりましたね。

あと5CSも終盤に差し掛かって、

試運転も終わったのですが、

プロペラを取り付けようとしたら・・・

14-16

紫外線劣化でしょうか?

20年の歳月の影響・・・(泣)

せっかくこちらも終了できると思ったのですが・・・・・・・・・・・・・・・

すいません!もう少し、お時間くださ~い・・・・・。

コメントを残す

*

CAPTCHA