新着情報

フィッシングショーで2016年の新商品をみて、きた!

5-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

バカなワタクシが、たまには勉強しようと、

インテックス大阪で開催されている

フィッシングショーに行って来ました。

5-1

業者さんしか来ていないの日なのに、会場も駐車場も

大勢の人であふれています。

本日は入場時も、各ブースでカタログをもらうのにも、

業者を証明するため「名刺」の提出を求められます。

岡田商事さんのブースへ行きました。

5-2

今回みたかった商品の1つ、

HUMMINBIRDのHELIX-10です。

(映っているのは等深線をわざと消して写しているときの

琵琶湖大橋周辺の地図です)

画像が、むちゃくちゃきれいです。

5-3

上段の左がHELIX-9、右がHELIX-12で、

下段左がHELIX-5、右がHELIX-10です。

HELIX-5は、ミニボートやアルミボートでもサイドイメージを

使えるので、2015年爆発的に売れました。

HELIX-7~HELIX-12は今年の新商品です。

早期受注ではHELIX-7が予約一番多く入っているとのことでしたが、

HELIX-9やHELIX-10はイーサーネット接続ができるので、

こちらの方も今後人気になるのかなと思いました。

私だったら接続したい、うん。

5-4

画面を保護するカバーの材質がゴムに変わったそうです。

これは良いかも!(機種によってはオプション)

5-5

こちらも新製品の1馬力ある「電動船外機?」のEO(24V)。

すでに私の方にも漁師さんが使うということで

具体的な問い合わせが入っております。

漁師さん、どこで情報を入手したの?偶然?こわい・・・

5-6

EOの強大なモーター部は110Lb以上のエレキと同じ

例の、巨大なヤツです。

バッテリーが満タンで新しいものなら、ハーフスロットルで

9時間の連続走行ができるとのことです。

昨年登場で健闘している商品としては、

MK2DC

「MK  2 DC 」だそうです。

これは、船外機が発電した電力を利用して

エレキ用のバッテリーを充電するものですが、

海で「iPilot」をボートにつけている方が購入して

高速移動中にエレキ用のバッテリーの充電につかうそうで、

昨年は売り切れ/輸入」/売り切れ/輸入が超多発したとのこと。

今年はバスボートでもセットする方が増えるでしょうね。

そうそう、岡田商事さんは3月3日からパシフィコ横浜で

開催されるインターナショナルボートショーにも出展されるそうです。

次は本多電子さんのブースを見つけました。

「おおっ、これは・・・」

5-7

HONDEXファンの方が泣いて喜ぶような出品が・・・

レーダーが出ておりました。

このHR-7ですが・・・¥200,000-です。(安)

これでUSAのトーナメンターみたいに

バスボートにレーダーつける人出てくるかな?

これは免許不要の出力ですから気軽にセットできるので、

もちろん海のボートオーナーさんで

今後取付される方、たくさんおられるのでしょうね。

(なお、レーダーは総務省の総合通信局に

開局申請をして、無線局免許状を発行してもらう

必要があります。

DSCF1626

無許可で使用することは重大な違法です。

そして電波利用料を支払うことで合法に使用できます。

たぶん、これは年間数百円になると思います。

500円ぐらい?

申請はそんなに難しくないですが、少々面倒なので

レーダーを取り付けてもらった業者さんに依頼しましょう)

NMEA信号の入力も可能ということですから、

となりのHONDEXのGPS魚群探知機と接続すれば、

方位や緯度経度の情報をレーダーでも利用できます。

その他HE-820/840の人気シリーズがリニューアルして

ボンディング液晶採用の「Bo」になっていたり、

12インチ画面でWifi対応のHDX-121などが

出ていましたよ。

5-8

うろうろしていたら、近くで突然講演が始まったので

見てみると、伝説のプロが「釣具屋のおやじの為に~」と

お話をされていて、面白かったのですが、

「船外機屋」なので、途中でお別れして・・・・・

やっぱりこれ、これですわ~

5-10

キサカさんのブースにありましたよ、

でっかい船外機!

最近名前を覚えた、「トルクマスターⅡ」ギヤケース

5-11

ハイセットするので、ウォータースクリーンの高さが

下側半分になっていて・・・

5-12

残りはギヤケース先端に移動?しております。

究極のマシンはカッコいいです。

5-9

おっと、これも究極のマシン!?

ボートを係留するロープの途中に入れる

ビルジ排水用のポンプです。

波や風でロープが引っ張られる「張力」を利用して

船内のビルジを自動で船外に排出することが出来ます。

これ、オランダのボートショーで見つけたそうです。

特に小型船のレンタルボート屋さんや係留しているヨットなど

電力が乏しいものには大変有効な「オートビルジ」だと

感心しました。

釣具は・・・目の毒なので、見ないようにしていましたよ。

そして・・・鬼が笑いそうですが・・・・・・

5-13

来年も同じ時期の開催だそうです。

今年も新商品がいっぱいですので、

楽しくなりそうで~す。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA