未分類

HONDA BF20D3の内部アノードとインペラーの交換。

30-2

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

一昨日のワタクシは、お得意様にご挨拶の為

マザーレイク「琵琶湖」を回っておりました。

(画像をクリックすると拡大します)

30-1

毎年、冠雪した比叡山をみてすがすがしくなり

「今年も始まったな」と実感できます。

本当に「母なる湖」に感謝で御座います。

さて、BF20D3君が点検のため入院です。

30-2

エンジンの調子は良いとのことなので、

試運転無でいきなりバラシます。

30-3

オーナー様はオプションである真水水洗用の

ウォーターホースジョイントを装備しておられます。

いつでもどこでも水道で洗えるので便利です。

30-4

サーモスタットの裏には少々塩の体積がありました。

水洗いが少し、十分では無い?

そして、整備のご要望の内部アノードですが・・・

「あらま~」と主婦のような独り言を言うぐらい・・・

30-5

ほとんど溶けてなくなっております。

絶妙のタイミングで交換の依頼をされました。

全部なくなって、エンジン本体が電気腐食しなくて

よかったです。

このエンジン平成21年4月製ですので、

6年9ヶ月ほどの期間で防食亜鉛が消滅したことに

なります。

しかも、この方は陸上保管です。

どこのメーカーの船外機でも船外機には内部にも

亜鉛(アノード)が付いています。

定期的に交換しましょう。

もうひとつのご依頼の冷却水を組み上げるポンプの

インペラーですが、

30-6

卍ではなく、ニコチャン大王のように見えます。(笑)

羽根は無事ですが、ゴムが硬化してきていますので

交換します。

お客様は「2年半前に弊社で交換してもらった」と言われたのですが、

過去のカルテをみると、そのときは弊社では交換は

していないようですので、いつからのものかは

不明です。

30-7

部品を待つ間、塩を溶かす薬液をスプレーでかけて

冷却水通路内の溜まった塩を溶かしておきます。

30-8

中間ハウジングに付着したカルシウムにも

シップしておきます。

きれいに取れたらいいのですが・・・

早く部品が来ます様に~

早く春も来ます様に~

 

コメント

  1. totanya より:

    Dr-H様 ありがとうございます。
    いつも 船を岸壁から揚げた後 すぐにペールバケツに20Lの真水で
    フラッシングしているのですが、水を巡回させているため、塩分が抜け切れてないのか?
    それとも アクセルをスロー状態のみでガス抜きしていたのが水洗い不測の
    原因だったんでしょうか?。
    ともあれ、インペラーもアノードも命からがら 黒ひげ危機一髪だったのですね~!。
    ???・・・と、思われるところは 治療して頂ければ幸いです。
    よろしくお願い致します。。  

  2. DrH より:

    totanyaさま、コメントありがとうございます。
    フラッシングの件ですが、分解しないと内部が見えないところですので、
    なんともいえないところですが、もし今後可能であれば、たまにでもポンプで
    ウォーターホースジョイント部より内部に水を流してはいかがでしょうか?
    宜しくお願い申し上げます。 Dr-H

コメントを残す

*

CAPTCHA