新着情報

F8CWHLと4ASとMFS9.8A3と2016年の修理が本格始動いたしました。

9.8-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

急に冬らしく、寒くなりましたね。

スタッドレスをはいた自家用車が昨年末より入院していて

ノーマルタイヤの代車生活なので、雪が降らないように

祈っていますワタクシです。

すこしでもエンジンから異音がすると直ぐクルマ屋さんに

もっていく私ですが、今回は異音箇所の特定に時間が

掛かってしまいました。

プーリーもテンションプーリーも新品に変えてもらって、

2回目のウォーターポンプ交換もしてもらい、

タイミングベルト付近の原因になりそうなものも・・・

どうも、タイミングベルトカバーが、にじんだエンジンオイルで変形し、

ベルトに擦っていたみたいです。

音って、部品換えてエンジン回してみないと

原因か、わからないことがあります。

クルマ屋さん、部品変えても変えても答えに

たどり着かないので途中で恐縮されていましたが、

そういう修理もあるので、「気にしないで

どんどん部品換えて下さい」と言うだけです。

もともと、異音が鳴っていてもいいなら

修理に持って行きませんから~

さて、年明けはYAMAHA F8CWHの修理から。

お世話になっている同業者さまよりのご依頼で、

キャブをOHしてもエンジンが掛からない・・・・

「あっ・・!」

8-1

数日立てていたら、船外機の下にオイルが漏れて

「オイルだまり」が出来ているではないですか。

シフトレバーも非常に硬くて動きません。

漏れがエンジンオイルかギヤオイルか判断するため

ギヤケースをはずそうとしますが、

シフトシャフトの連結部が硬い、硬い・・・

なんとか時間をかけてシフトを分離して、やっと

ギヤケースをはずすと

「あああああああああああっ」

8-4

強烈な電食で、内部はボロボロです(泣)

水洗いや防食亜鉛の交換を全然しなかったんでしょうか?

8-5

上側を覗くと、オイルの垂れを確認・・・

エンジンオイルが出てきている?

腐食もひどいです。

さすがのヤマハ船外機もメンテナンス不良には勝てないと

言うことですね。

(どこのメーカーでも一緒ですが)

8-6

ポンプケースを留めている4本のボルト全部、

塩で固着しています。

太いボルトなので、なんとかなるとは思っていますが・・・

8-7

現在、エンジンを立ててどれくらい漏れるか

テスト中です。

どちらにしろ高額になる可能性が高いので、

業者様に問い合わせ中です。

オーナー様にご覚悟があるのか。

オイル漏れの原因次第では、新しいのを買ったほうが

いいかな。

お次はYAMAHA の4ASです。

4-1

エンジンが掛からない&簡単な整備や消耗品交換の

ご依頼です。

確かにエンジンが掛かりません。

故障箇所を特定するため、最低限エンジンが

掛かるようにしてみます。

キャブレターを分解清掃調整して、エンジンを

試運転しますが・・・水が上がってきません。

ギヤケースをはずしてインペラーを点検します。

「やっぱり」

4-2

ちょうど、少し前に修理した中古の5ASの古いインペラーが

残っていたので、仮でこれに交換してみて

試運転を続けます。

4-4

エンジンが掛かって水が上がるようになりましたので、

エンジンの温度を測ります。

これら低馬力の2ストローク船外機の多くは、冷却通路に

塩が詰まって水が流れなくなり、オーバーヒートするので

人に譲ったり、オークションに出したりするケースが

多いと感じています。

この4ASは、少し温度が逆に低い??

「やばいっ」

見なかったことにしたくなってきます・・・

キャブとインペラーだけでもエンジン掛かっているし・・・

「見なかったことに」・・・イヤ、ちゃんとせなアカンでしょう。

ズブズブと「ややこし沼」に片足がはまっていく自分を

感じつつ・・・・ああっ、神様ぁア~

4-5

赤外線温度計、便利です。

(STAR WARSみたいでカッコいい?)

測る、測る、測る・・・悩む。悩む。悩む。

あちこちはかっても、どうも低すぎるようなので

最後の手段(やりたくない、絶対折れるわ~)

サーモスタットを確認します。

4-6

「やっぱり、いや、あれっ」

サーモスタットが入っていません。

4Aや5Aの初期のものはサーモスタットなしだったと

思うのですが、形状から、

これはあったほうがいいヤツですよね。

前のオーナー様、はずしたのかな?

4-7

古いエンジンにお決まりの、ボルトの折れが4本も・・・

1本は30分ぐらいかけて何とか外れましたが(赤字や)

4-8

3本折れ残っています。(絶句)

これからねじ山の修正に入ります。

9.8-1

TOHATSU MFS9.8A3もやってきました

これはややこしくない予定です。

(期待していますよ)

ギヤケースのシールの打ちかえになる予定です。

2016年の修理が本格始動しました。

頑張ります!

コメントを残す

*

CAPTCHA