新着情報

HONDA BF225AK3の点検!

25-0

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今朝はCR-V君のタイヤの修理から始まり・・・

P-1

内側が減って薄くなり、パンクし易くなってきたようです。

そろそろ年末のご挨拶とか、あちこち行かないといけないので

緊急でどこか近くででも交換して間に合わさ無いといけない・・・

ピンチです。

さて、先週はBF225AK3の点検でした。

25-1

このBF225Aという船外機は、カウリングギリギリまでぎっしり

主要部品が詰まっています。

私の個人的な考えですが、基本的にこのような

「ぎっしり」タイプは嫌いです。

(でもBF225Aは「ぎっしりタイプ」でも除外ですが。)

ぎっしりタイプはエンジンの大きさを小型にできます。

25-0

しかし船外機は後頭部からカウル内に空気を取り込み、

側面を通過して前面から吸気するものが多いので、

ぎっしりだと側面通過中に空気が熱くなってしまい、

夏など性能がダウンする場合が有ります。

また、高温で電装品の性能ダウンも有るかもしれません。

で、BF150Aのようなカウル内に余裕が有るものが

大好きです。

で、BF225Aはぎっしりでもなぜ除外かというと、

1、後頭部から入った空気を、直ぐ近くの頭上後方から

 すぐに吸い込んでいる。

2、カウル前面に電装品などの冷却用の空気吸い込みベンチレーター

 が着いている。(ロボットの口のような)

25-1-1

なので、カウリング内ぎっしりでも、性能の低下が無い様に

工夫がしてあるのです。

(BF250Aは、換気冷却強制ファンまで付いています)

で、点検に入ります。

25-2

この赤いカプラーはコンピューター診断器を

つなぐところです。

異常は有りませんでした。

25-3

パワートリム&チルトのオイル量を確認します。

ほんの少しだけ、補給しました。

25-4

インペラーの交換時にキー(キーウッドラフ)が

片減りしていたら交換しましょう。

今回は交換は不要でした。

25-5

インペラーはまだ使えますが、ご要望により新品と交換

しました。

良い心がけです。

25-6

ポンプのボルトにはグリスやシリコンボンドなどを塗って、

今後の楽の為に塩害の対策を。

半分はこのために点検分解しているようなものです。

25-7

「ううっ~」

225の「重た~い」ギヤケースを片手で持ち上げつつ、

片手でボルトを締め付けます。

いつも感心しますが、ホンダ船外機は工作の精度が高いので

ほとんどギリギリまで「手」だけでボルトが締まります。

(工具は最後の方の、トルク締め)

意外と他のものは、下側のギヤケースにあいている穴と、

上側のハウジングのネジ穴が微妙にずれているのか、

少しねじ込んだ後は工具をつかって締める必要が有ったりして

ギヤケースを持つ手が「早くしてくれ~」とプルプル悲鳴を上げたり・・・

これができるのは、私が触ったことのある範囲限定ですが、

ホンダともう1社だけと思っています。

勘違いかな?

25-8

この吸水口(ウォータースクリーン)の形状が

BF225A2~A6の時から進化して、BF225AK1より

この形になりました。

ギヤケースの形状もこのとき進化して、水流抵抗が

さらに12%も少なくなりました。

AK1からは加速装置のBLASTも付いたので、

加速が劇的によくなって、高速性能も上がっています。

さらに今回のAK3ではコンロッドがクラッキングタイプになって

軽量化されたり、

消費電力に合わせてアイドル回転数が自動で変化する

装置が付いたり、

シフト入れたり抜いたりを軽くするためECUが点火時期を調整する

シフト荷重低減制御になったり、もう、至れり尽くせりです。

25-9

ギヤオイルはまだ新しいエンジンですので、きれいでした。

25-10

エンジンオイルは7.6ℓとなっていますが、

ギリギリや上限より多く入れて

気化したエンジンオイルがブローバイガスとともに

排出されてスロットルボディーやEACVを汚すのがイヤ

なので、90%ぐらいしか入れません。

今回は7.0ℓちょうどでした。

試運転では、すごく静かなBF225AK3君。

BF130AXと間違えそうになりましたよ。

今後ともこの調子で、海を駆け抜けてくださ~い。

コメントを残す

*

CAPTCHA