新着情報

HONDA BF50Aの、フルオーバーホール(最終回)

506-13

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日は店の前で試運転をしようと思ったら、

「ウ~ウ~♪」サイレンとともに・・・

506-1

「また火事か?」

どうも、向かいの工場に何かあったようで、

私のピットの前に、野次馬がぞろぞろと・・・

506-2

試運転中止ですわ。

でも、放水も無く直ぐに終了?

あとで工場の人が謝りに来られましたが、現在立替中で、

その作業で出た(溶接の?)けむりを近所の人が火事と

間違えたようでした。

さて、その試運転をしようとした、BF50Aのオーバーホールの

続きです。

506-3

ギヤケースは「昨年ASSYで交換したところ」とのことでしたが、

確かにA4最終タイプの新品同様でした。

ギヤオイルもほとんど汚れていません。

506-4

圧縮を測ります。

3気筒とも同じぐらいです。

普段はこちらの、ねじ込みタイプのが使いやすいです。

506-5

こちらは国産の精密ですが押さえつけタイプ。

2馬力のようなリコイルだけの船外機の場合は

1人だと使えません。

でも、信頼度は◎

両方で測り比べるとかなり安心します。

506-6

インテークマニホールドのアノードは新品に交換します。

私、心配性なのか紙のガスケットだけでは不安になります。

(過去になにかあった訳では有りませんが)

なので、マーキュリーの「パーフェクトシール」とか

併用することが多いです。

これ、便利です。

506-7

興味が有る方は「キサカダイレクト」へGO!

http://item.rakuten.co.jp/kisaka-direct/92-34227q02/

楽天市場でも売ってます・・・

506-8

キャブレターのOHですから、当然ガスケットも

新しくして・・・

「ムムッ?あれあれ・・・ギャー・・・・・」

そしていろいろ「ギャー」なことがあって数日経過し、

昨日になるのですが、

火事騒動が終わってしずかになったので、

やっと試運転です。

506-9

試運転用のロングバーハンドルとタコメーターを

セットします。

「3・2・1・エンジン点火!」いえいえ、

下町ですが、ロケットみたいには叫びません。

「ブルン、ブルン」

直ぐにかかりましたが、キャブの調整がまだなので、

全然駄目です。

暖気後、デジタコと同調計をセットします。

やっぱり・・・

506-10

調整前なのであたりまえですが、同調が有っていません。

まずはキャブの微調整を1つずつおこなって、

その後、同調に入ります。

506-11

まあまあ揃いました。

徐々に揃っていくにつれて、グングンと回転が

上がったので・・・たぶん、前のオーナー様は

絶不調で使っていたのかな?

506-12

バルブやベアリング(メタル)、ピストンリングなどを換えたので

十分低速で試運転後、徐々に高回転まで回していきます。

気持ちよく回転が上がります。

506-13

フルオーバーホール完成しました、BF50A君。

たまに「オーバーホールしてくれっ」とか言われますが、

「オーバーホールって、具体的になにを希望されますか」と問うと

「その・・オーバーホールは、オーバーホールや」と言われたり・・。

今回のBF50Aの、

こんな感じでおこなうことが多いでしょうか。

他の業務の合間~合間だったので、完成まで結構

日数がかかりましたね。

最後に、この年式はパワートリム&チルトにアースワイヤーが

付いていないので、オリジナル艤装を追加します。

M6×1.0のネジを切って・・・

506-14

現行のタイプの部品を発注して取り付けます。

506-15

アノードの取付ボルトとの間を電気的に導通させます。

これで耐電食力UPです。

これらが、おおむね交換した部品等々です。

(一部はクセで修理しながらポイポイとゴミ箱へ・・・

燃料フィルターとか、紙やゴムのパッキン類など・・・)

506-16

真ん中に、#3のキャブレターが・・・(泣)

燃料フィルター交換したとき、「アアっ」て感じだったの

ですが、分解清掃してみて、#1と#2は何とかなったん

ですが・・・

506-17

#3はアウトでした・・・

なにをやっても・・・(泣・泣・泣)

で、パワートリム&チルトのモーターとともに

新品に交換しましたよ。

人間、あきらめが肝心ですわ??

明日は、BF225AK3の初回点検で出張にでますので、

修理センターは留守になります。

ご不便をおかけするかも知れませんが

宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA