新着情報

TOHATSU MFS2Bと、NS5Bと好事魔多し!?

1P-14

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

出張に行くとき、ビジネスホテルを予約すると思いますが、

最近は近畿一円、どこも予約が取りにくくなってきて、

とくに京都~滋賀は、外国人観光客が多いせいか、

本当に苦労します。

以前は前日でもホイホイ取れたものですが・・・

さて、MF2Bの修理の続きです。

1O-12

インペラーを交換しようとしますが、ボルトが塩噛みで

カチカチです。

たぶん、力技でもギリギリ緩みそうですが、

念のため、少し暖めたりして慎重に揺るめます。

折れたら、悲惨ですから・・・

1P-1

何とか外れました。

順調です。

1P-2

ケースのカップ内側も確認します。

1P-3

ボルトは塩が付着しています。

そのまま再度締め付けたら・・・・・駄目です。

1P-4

塩を除去します。ナットを利用してもいいです。

1P-5

ボルトを入れるときは、必ず耐水グリスかシリコンボンド

等を塗布してから締め付けます。

出ないと、次回は緩まないかも~

順調、順調~

1P-6

アノードはオーナーの希望で新品に交換します。

1P-7

新しくなったボルトには、初めからロックタイトが

塗ってありました。さすがトーハツさん。

順調、順調、順調~♪

1P-8

最後の作業、ギヤオイルの交換を・・・・

「ぎゃあああああああああああぁぁぁぁぁぁ~」

水が入ってるやんけーああっ~

1P-9

最悪ですわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先に抜いて確認しとけば良かった(泣)

1P-10

漏れてる場所を確認するため、圧力テストをします。

圧を掛けると直ぐに「シューシュー」

「ああ、完全にイッとるわ」

1P-11

プロペラシャフトのオイルシールがダメのようです。

「好事魔多し」とは、」このことか?(泣)

1P-12

分解します。

1P-13

シールの変形も、シャフト抜くときのものだけとは

考えにくいぐらい変形してる?

ベアリングも海水の影響か?

回るけど、ゴロゴロ言うとりますわ。

延長戦になりました。

オーナーに電話して、残念な報告をしました。

さてさて、最近はトーハツ船外機が続きます・・・・・・・・

1P-14

NS(日産)ですが、トーハツOEM製です。

なんと、昭和63年製造です。

27年前?ですが、ピカピカです。

数年前に、未使用新品?で譲ってもらった?とのこと。

超長期在庫だったんでしょうか?

私が業界に入ったときは、すでにこの色は売って無かったです。

シフトレバーの交換と、その他点検のご依頼です。

ありがとうございます。

1P-15

「ええっこれも???」(驚)

でも、少し色が違いますし、さらさらしています。

こういうときは圧力テストをするのが、わかり易いです。

1P-16

安心しました。

漏れていません。

推測ですが、オイルがあまりに年数が経ちすぎて、

少し変質(変色)したのかな?

と思います。

部品をリストアップしました。

来週に続きま~す

 

コメントを残す

*

CAPTCHA