新着情報

故障知らずで9年・4527時間  船外機との上手な付き合い方とは・・・

1N-11

皆様ご機嫌はいかがでしょうか?

連休中のワタクシは、久しぶりに

八百盗 中村屋さんのBF150A4の整備に

行ってきました。

1N-2

チャーターしての釣りでは、何度か訪問していますが、

2013年8月のボートクラブの取材後、お仕事の都合などで

間が開いて、2年ぶりの総合的な整備です。

(その間、上架のときなど簡単な消耗品の交換やエンジンオイルの

交換はされていましたが)

上架の船台に乗せる前に、状況確認の為少しテストランしましたが、

リモコンレバー一杯に倒してもやっと5000rpm回るかどうか?

9年、4527時間を越えているのでさすがのホンダ船外機でも

ヘタってしまったのか?

1N-13

心配しながら整備を開始します。

1N-3

排気管の中のアノードは、以外に減っていませんでした。

中村さんは帰港後、絶対にクールダウンをするからで

しょうか?

1N-5

なんと、サーモスタットはブロック側もヘッド側も

死んでいました。

両方死んだら、ホンダ船外機の誇る

「ブロック、ヘッド別々2系統安心冷却」

が効果を十分発揮できません。

それで回転が上がらなかったのか?

相変わらず運のいい人です。

日頃の行いの善い人は、本当にそうなんですね。

このまま乗っていたらエンジンを壊したかもです。

南無阿弥陀仏~♪

1N-6

エアクリーナーやスロボ、EACVをはずして掃除していたら、

なんとエアクリーナーに綿ぼこりが大量に・・・

「何があったの?」

聞くと、昨年Vベルトが切れて交換したとき、エンジン内に

あったので、ここの部分のものだと思って

交換を手伝ってくれたクルマ屋さんと一緒に付けておいたとのこと。

当然、はずさせていただきました。

これで、回転が上がるかな?

1N-7

このDOHCのバルブクリアランスの調整は、

慣れたとはいえたっぷり時間を使いました。

いつもVTEC側は少しだけなのですが、

逆側はバルブ隙間が少なくなっていて

じっくり調整をおこないます。

このエンジンのタペット調整は、確か4500時間の間に

今回で3回目だったかな?4回?

私個人的な感想ですが、船外機はクルマに比較して

高回転を多用するため、バルブクリアランス調整は頻繁に

すべきと思っています。

これだけで、調子がすごく良くなることが多いです・・・

1N-8

ギヤオイルも交換して・・・

業務使用ですが、まだまだ頑張っています、ドッグクラッチ。

まだオーバーホールしておりません。

BF150A4君、優秀です

最後にDr-Hパソコン診断します。

当然、どこも何も異常なしです。

全開は3.5時間だけなのですね。

かわいがってもらってますね。

1N-13

その他、リモコンケーブルの伸びの修正調整や、

中村さんが予備で持っていたスパークプラグを含む

消耗品のインペラーやその他「全部」を交換し

ついでに電動マリントイレのスイッチの修理もして、

暗くなって終了しました。

1N-9

日は変って翌日、「せっかくだから」と

K君と2人でチャーターさせてもらい、ジギングに・・・

エンジンを掛けてもらうと、すごくアイドリングが安定し、

静かになっていました。

EACVやスロボの調整、バルブの整備が効いたようです。

沖に出てスロットルを開けていくと、中村さんが驚きます。

「まだリモコンレバーの角度が1/4残っているのに、

5000rpmを越えた~昨日とぜんぜん違う~」

正直、リモコンケーブルも調整しましたが、1mmぐらいしか

伸びていませんでした。

ので、謎のエアクリーナーやスロボの整備、そしてサーモスタットの

交換、あと最大の効果はバルブクリアランスの調整が効いたのだと

思います。

「これでレバー押さえつけながら走らんで良くなった、楽になった~」

ああ、ホンダ船外機・・・いつまで親孝行するのだ・・・

「故障知らずで4000時間、船外機との上手な付き合い方とは」

これは、2013年のボートクラブで中村さんの記事に付けられた

タイトルですが、「故障知らずで4500時間」を越えました。

正直、来るまではもっとヘタッてるとか

場合によっては「もう、載せ換え・・・・・」とか

言わないといけないかとか気がめいっていたのですが、

ちゃんと調整整備したらまた「シャキッ」と復活して、

中村さんに「音とかどうですか」と言われて

「メカノイズは年式なりですが・・・・・・・

調子は思ったより全然調子よくて、

4500時間も経っているとは全然思わないですわ」

と口から言葉が飛び出していました。

1N-10

昔からHONDAファンの中村さん、HONDAを選んでよかったですね!

しかし・・・何千時間使えるのだろうかHONDA船外機・・・・・

恐ろしい耐久性です。

ひょっとしたら、夜な夜な本田技研工業の細江工場の人が来て

良い子のホンダ船外機を整備して

朝方帰っていくのだろうか・・・・・・・・

釣果はいつも通り、私のポセイドンも

K君のオーシャンキラーも

そのあとの2人のバイオレンスジャークも

沈黙の艦隊・・・・・・zzzzzzzzzz

お土産がないとかわいそうだからと、

中村船長が一瞬でオオモンハタをバタバタ連続ヒットしていたので、

言い訳は出来ません。

しかもジグも3人とも全く同じですから~

1N-11

夕日がきれいでした。

親孝行なBF150A4君、

この調子で5000時間も軽々越えてね~。

気分爽快ですわ~。

コメントを残す

*

CAPTCHA