新着情報

TOHATSU MFS6Bと、キャブは海水を飲んでいるかいないかで全然ちゃうんですわ。

1I-2

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

こんな映画をご存知ですか?

logo

http://allislost.jp/

最初から最後まで、主人公以外の人はほとんど出てきません。

セリフもほとんどありません。

たぶん、海に関係ない人がみたら非常に退屈だと

思うかも知れません。

でも、日頃、海や湖で楽しんでいる皆さんにとっては

食い入るような場面の連続だと思います。

まだ見ていない皆様、お勧めです。

さて、MFS6Bが修理に入ってきました。

1I-1

お客様、「エンジンは掛かるが、直ぐにSTOPする」とのことです。

なにやらクルマの車検の直後とのことで、予算が・・・

私、「キャブレターの分解清掃調整ぐらいなら、そんなに高くつかないですが、

 キャブレター内に海水が入って塩が詰まっていたら、

 クリーナーで塩は溶けず掃除できない場合があるので、

 そうなってキャブASSY交換になったら高くなるかも」と説明します。

お客様「海水は入れていない」とのことです。

 先に、やっと部品の来たBF15D1のハーネスを交換して、

試運転など完了して、先約の終了後取り掛かります。

まずは試運転。

1I-2

確かに、エンジンは一発始動ですが、チョークを

戻した途端ストンと止まります。

半チョークぐらいで何とか掛かり続けますが・・・・

キャブを分解していきます。

「んっ、んっ・・・・・・・・・ああああああああああああああっ!」

1I-3

白い結晶上のものが見えます。

各パーツをはずすとき、ざらざら感があります。

1I-4

「かなり、ひどい・・・・」

ガソリンの変質などの詰まりはほとんどありません。

1I-5

お客様、「1年ほど前にも修理してもらった」とのことだったので

過去のカルテを調べると、2013年11月(2年前)にも

キャブレターのOHをしております。

そのときは塩の記述が無いので、それから今までの間に

海水を飲ませてしまったようです。

1I-6

時間を掛けて、やるだけのことはやりました。

あとは、試運転してみて・・・・これで直ればよいのですが・・・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA