新着情報

YAMAHA60FETOの修理・・・。

1C-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

早速、MercuryF2Mの修理の続きです。

翌日部品が届きました・・・・さすがキサカさん。

1D-1

F2Mは持ち込まれた翌日の夜には修理完了しました。

このレスポンスのよさは、修理屋さんにはありがたいです。

お次は、SUZUKI DF2・・・・シリンダーヘッドの塗装が

茶色に変色しており「焼き付き?」と分解してみると

冷却水の経路に塩がぎっしり・・・

1D-2

これでは、焼きつかないわけが無いですね!

お次は、YAMAHA 5CSMH・・・普段あまり壊れないヤツですが・・・

1B-1

キャブを確認しようとはずしてみたら・・・

「あれっ」

虫歯?

1B-3

クランクが見えています。

「ありゃ、めずらしいわぁ~」

1B-4

真ん中がありません。

たぶん、国産エンジンでは、見たの初めてかも。

これ、金属ではないタイプが付いています?

部品を注文します。

そして、とあるマリーナ様より出張修理のご依頼です。

YAMAHA 60FETOで、3000rpmを越えると警報ブザーが

鳴るとか・・・

少し前にインペラーは新品になっているのだがとのことです。

1C-1

台風で延期したら、その間にあった休みにお客さんが

我慢できず乗った?

「えっ」・・・・・

マリーナさん「なんとか早く・・・」みたいな。

で、まだ少々うねりあるんですが・・・・・・行きました。

で、朝に着いて、試運転前の点検をしていると

「ああっ」(力の抜けていく・・・)

1C-2

「燃料フィルターが・・・」

1C-3

「ううう・・・・・・・・・・・」

内部の金属金網が錆びて、底抜けしてます。

恐る恐る船底固定のタンクから直接ガソリンを抜いてみますが

1C-5

50ccぐらい抜いただけで、水やゴミが入っています。

警報ブザーとは別の話とはいえ、これでは

試運転できません。

マリーナさんに連絡を取ってもらいますが

固定タンクとフィルターはそのままで

警報の鳴る原因だけ直すようにとのことらしく・・・

でも、試運転はしないと症状はわからない・・・(困)

マリーナさん、私に平謝りです。

マリーナさんとこのボートの愛機もヤマハですので、

それの携行タンクをフウフウ運んでこられました。

1C-6

これが、原因かな?

パッキンも切れていて、ロック機構も壊れていますし。

1C-7

プラグも種類が・・・

交換もたぶん、ご希望に反すると思っていたら、

走ってBR8HS-10を持ってこられました。(泣)

圧縮は、1番800、2番800、3番700でした。

1C-10

さて、マリーナさんの携行タンクでうねりの海に出航します。

1C-11

3500rpmで走っていたら、約5分で「ピィィィィィ~」

オイルランプはグリーンのままです。

アイドリングのままセンサー付近をチェックすると、

オーバーヒートのようです。

少し休憩して、ゆっくりマリーナに帰ります。

ギヤケースをはずします。

1C-12

左が今回ご依頼のポンプです。

右は、調査のために分解してお借りした、マリーナさんの

ボートの愛機のポンプです。

修理ご依頼の物は、ドロリ溶けた跡があって、

カップが回っていました。

最後の確認の為、お借りしたマリーナ機のポンプを付けて

走ります。

1C-13

30分ほど走り続けますが、警報は鳴りません。

走行をやめてアイドリングのままゆらゆら海の上で

赤外線で温度を計測します。

温度は上がらなくなったようです。

1C-14

さらに念のため、これもマリーナ愛機から借りた温度センサーを

入れ替えては走行してみたり、いろいろテストしますが

どっちも鳴りません。

目で見えたとうり、ポンプがほんの少し溶けてひずんでいて

インペラーが新品でも、3000rpm以上では水量が不足し、

温度が上がってしまったようです。

難しい、微妙な故障ですね。

正攻法なら、インペラーもポンプケースも交換して

様子を見て、まだ原因があるようなら、

別を探すという「疑わしいの物を排除していく」

消去法が進めやすいのですが、

(命に関わるかも知れないので、溶けたポンプのようなものは

真っ先に新品にする・・・工賃も1度で済むし)

今回はマリーナさんの協力をいただき、

「クロスチェック方法」で進めました。

効率は悪いのですが、原因以外は交換してはいけない

制約がありましたので。

いろいろな進め方があります。

ということですわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA