新着情報

Mercury F2Mのシフトレバーの修理をするっ。

1F-3

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

本日も私は、「代車」出勤です。

1F-1

相棒の「CD-V」君と「SOREX」君の両車が一緒に車検で

部長のHonda Carsさんにお願いしました。

で、

このFitのエンジンは「VETC」が付いてますので、

モーターのよう「ブンブン」に回ります。

1F-2

皆様ご存知の通り、このエンジンは船外機の

BF90DKO、BF75DKOのベースとなったエンジンです。

DSCF0061

なので、BF90DKO/BF75DKOもブンブンモーターのように

回ります。

BF90DK4、BF75DK3は、さらに進化したエンジンがベースに

なっていますので、もっとブンブンします。

7SPEEDの付いたFit君のおかげで、数日間通勤が

楽しくなりそうです。

さて、シルバーウィーク明けにBF2D4君が帰っていって、

入れ替わりにF2M君が入院になりました。

1F-3

オーナー様曰く

「買ったお店(元超有名バスショップさん)が

無くなって、困っていて、偶然ここを見つけて・・・」

とのことです。

シフトレバーが固着して動かないので、直してください

とのことで・・・

この機種をよくバラしている知人にお電話します。

「①頭はずさないと修理できません」

「②レバーぶっ壊さないと取れないかも」

「③ちょっとずつ、ちょっとずつするしかないかも」???

ありがたいアドバイスにお礼を言い、作業に掛かります。

1F-4

バラしていきます・・・・・

1F-5

ハンドルも・・・バラしていきます・・・・

1F-6

チョークも、ここもバラします・・・

オーナーはここまでとは、思ってないやろうなぁ~

1F-7

頭をはずします。

やっとシフトレバーの根元が見えます。

1F-8

邪魔なのでアンダーカウルもはずします。

1F-9

やっと主犯周辺だけになりました。

セメダ〇インスー〇ーXで固めたのかと

言うぐらい、カチカチです。

2ストの方は軸がプラスチックでした。

2ストは何度も修理したことあります。

これは、軸がSUSのようです。

何とかはずそうと「クウッ~」満身の力を込めて

グリグリしてみます。

「ポキッ」

知人のノストラダムもビックリの予言どおり、

「折れ」ました。(泣)

1F-10

SUSの軸だけになって、バイスプライヤーなどで

「グリグリ」しますが、潤滑スプレーを掛けても

あまり効果は感じません。

「プラスチックが無くなって、逆にやり易いわ」

他の人は誰もいないのに、強がりを言います。

1F-11

「ボーボー」少し、ほんの少し動くようになってきました。

このあとは、炙って、叩いて、

炙って叩いて、潤滑スプレーして、冷却スプレーも

試して延々と・・・

何度も途中で途方に暮れそうになりながら、

1時間ほど掛かったかな?

1F-12

やっと取れました。

知人の言った「ちょっとずつ・・・」を、身をもって思い知りました。

1F-13

頭さんは、ワキで休憩を・・・

部品の注文が15:00頃になってしまいました。

㈱キサカさん、今日の出荷になったかな?無理かな?

明日届いたら、修理完了するんですが。

ほんの少し、届くのを期待していま~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA