新着情報

シルバーウイークに間に合ったBF15D1とBF2D4と、まだ見積中のBF2D6は、お気の毒ですが隠れてました・・・

18-10

皆様、ご機嫌はいかがですか?

本日のワタクシは、代車の軽自動車で出勤です。

仕事が終わった跡、修理に出している自家用車を取りに

いくためです。

先日のサーモスタットが直ったと思ったら、右後輪の

ディスクブレーキのキャリパーからオイルが漏れて、

ズバッとキャリパーASSY交換です(¥泣)

久しぶりに軽自動車に乗ると、いろいろあります。

あおられる、入れてもらえない、割り込みされる・・・

単純に見た目の大きさから、そういった対応が

出てくるのでしょうか?

最近、良く売れていると聞いていたので、昔よりは

市民権を得ていると思っていたのですが・・・

レンタルさんのBF15D1の続きです。

セルスターター化が完成し、試運転しますが、

全然吹けず「ああっ、アカン」

18-1

キャブレターの分解清掃調整をします。

あまりのひどさに、時間を掛けてクリーニングしますが、

途中でお取引業者様より立て続けに注文や修理方法の

電話が入り、小一時間中断します。

再開後・・・・・

18-2

「あれっ」

組み上げたキャブレターの横に部品がひとつ

残っています。(泣)

18-3

急ぎの修理のBF2D4ほうには、テスト用の仮のキャブレターを

つけて、BF15D1とダブルで長めの試運転をします。

BF2D4は、オーナーの返事があり次第、新品の

キャブレターを注文して届けばOKにしておきます。

両方とも、OKが出ました。

18-5

BF15D1はオイルにヘドロ上のものが確認できたので、

あったかいうちに抜いて交換しておきます。

その他チェックをしていると、プロペラが曲がっています。

18-6

曲がっていると、振動が出たり、偏った回転で

オイルシールを痛めたりすることがありますし・・・

水がきれいに切れないので真空状態(=沸騰)

が発生し、プロペラがキャビテーションを起こすとか

業者連中の会話では「キャビる」「キャビってる」とか

いうのですが、

18-7

真空の泡でプロペラが削られていき、ひどい場合、

折れるまで削れてしまうこともあります。

曲がったプロペラはすぐに交換しましょう。

18-9

完成しました。

明日、取りに来られるそうです。

さて、いま悩んでいます、修理見積のご依頼の

BF2D6です。

外側から、なにをチェックしても故障原因がわからず、

18-10

仕方が無いので、見積だけでも費用をいただくことに

なりますが、分解に入ります。

「あっ」

18-11

自作のガスケットが入れてあって、

しかもご丁寧にパイロットスクリューを経由する

通路などを塞いでくれています。

お客様、友人にもらったと言われていましたが、

ご友人がいろいろとしたのか?・・・・(悲)

18-12

キャブレターはお話の通り、新品が入っていましたが、

戻し数が4?5?・・・

むちゃくちゃです。

「ああああああああああああああああああああぁっ・・・・・」

18-13

プレートの上側の+ネジ頭がドリルでぐちゃぐちゃに・・・・(大泣!!)

プレートグラグラですし、その奥のパッキンも自作・・・

ここから2次エアーが入っているのでは?

ひょっとしたら、なんか改造とかしているうちにエンジンが

掛からなくなり、キャブ新品にしたけど駄目で、

愛着が失せてしまって

今のオーナー様に譲られたのかも?と

勝手に推測したり・・

ネジ山ぐちゃぐちゃで、ここ直すの大変そうですわ。

18-14

その他にも、管理が悪かったみたいで・・・

今、こんな感じになってしまっています。

まだなんか「イジリ」が隠れていたら怖いので、

今日も、もう少しいろいろ確認してみます。

皆様、自分で完結できない方は、

船外機をおもちゃにするのはやめましょう。

海に出るものですから、漂流とかしたら、

命に関わりますよ!

オーナー様、お気の毒です。

知っていたら、もらわなかったでしょうか?

コメントを残す

*

CAPTCHA