新着情報

HONDA BF15D1の点検とBF2D6の修理見積とBF2D4の急ぎの修理

17-5

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日のワタクシは朝からコンビにに寄って当営業所の公共料金を

払ってから出勤しました。

自動引き落としが便利なのはわかっていますが、

一ヶ月にいくら使ったか実感できなくなるので、

わざと100円余計に掛かっても、

本社の許可をもらって、各機関に

「紙の請求書」を発行してもらっています。

「うわ~先月電気代かかったな~」とか、

ちょくちょく反省しています。

もう少し頭がよければ、どれくらい電気使ったか覚えて

おいて節約できるのですが、こればっかりは・・・・

さて現在、3台の船外機の入院があります。

1台はレンタル店様のBF15D1 SHJ・・・・・

「急がないからいつでもいいよ」というので、

いつも通り甘えて後回しにしていましたが、

どうも現地で1台不調になったようですので

あわてて作業に入りました。

(翌日、不調が直ったと連絡が入る)

新品のスターターモーターが光っております。

17-1

このBF15D2の依頼の内容は、

「以前、他の人に修理を依頼し、1年半ぶりに帰ってきたが

不安なので点検するのと、セルスタート仕様に

改造してほしい」とのことです。

しかし・・・修理に出しても不安とは・・・複雑な気持ちです。

17-2

タペット調整しようカバーをはずしたら、エンジンオイルが

ヘドロのように・・・

17-3

う~ん、なぜ不安だったのか・・・わかってきたような

気がしてきました。

私も「人の振り見て・・・」ではありませんが、

気をつけて仕事をしなければと心を引き締めます。

(それでなくても、おっちょこちょいですから)

2台目はBF2D6 SCHJ君。

お客様はバイクとか修理のベテランだとのことで、

BF2D6を友人にもらってキャブレターなど新品に交換したが

エンジンが掛からないとのことで、

修理の前の、見積の依頼です。

見積が優先ですので、簡単に分解できませんので、

外からいろいろと原因を探っていきます。

現在のところ、圧縮もあるし、火も飛んでいるし、

キャブも新品だとの話ですので、

原因がつかめていません。

分解するかどうか、毎日迷っている最中です。

(分解すると、当然工賃かかるし・・・

分解するのは簡単ですが、修理をしない場合、

バラバラでのお返しにするのか、また時間と費用を

掛けて、修理しないのに組み立てるのか・・・・・

皆様と同じで、仕事をした時間分はお金をもらって

生活していますので・・・なので、簡単に分解に

入れないんです。)

3台目はBF2D4 SCHJ。

オーナー様は常連様の紹介で以前に一度ご来店。

今回は、シルバーウィークに使うとのことで

日にちがありません。

17-4

予算をお聞きし、時間が無いのでいきなり分解しながら

故障を見つけていきます。

(当然、事前の問診はしています)

17-5

燃料に水?海水?が混じっています。

17-6

フィルターにもゴミの痕跡あり。

17-7

ファインダーよりさらに上までオイルが入っているような・・・

17-8

オイルキャップを開けた途端、エンジンオイルが

大量にあふれ出し、不意を疲れて床にぶちまけて

しまいました。

「なんぼほど入れてるんや~」

そういえば、スパークプラグも真っ黒だったので

これが原因だったと判明!

燃料への水の混入と、エンジンオイルの入れすぎの

ミックス技だったようです。

オイルを抜き、キャブレターを分解清掃し、

燃料ラインも掃除しまして、エンジンが掛かるようになりましたが

かかってもすぐに止まります。

テスト用のキャブレターと入れ替えてみると、

調子が良くなりました。

燃料タンク内の水は、海水(塩水)だったのかな?

で、キャブの通路の奥が塩で詰まった、または

電食した?

本日、お客様宅に電話し、奥様にご予算を越えることを

お伝えしまして、あとはオーナーの返事待ちです。

17-9

グリップがユルユルだったので、

セメダインスーパーXで貼り付けます。

いつもこいつには助けられること多いです。

シルバーウィークに間に合うように

頑張ってみます・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA