新着情報

台風が来てるけど、HONDA BF30D4のアイドル不調の修理と各部点検交換で~す。

13-15

みなさま、ごきげんはいかがでしょうか?

ワタクシは昨夕、ご来店の予約にキャンセルが入ったので、

「丁度いい」と修理に出している自家用車を引き取りに行ってきました。

休日に乗っていると、エンジンが苦しそうに

「ニキニキ(ミリミリ)」と言うのでハッとしてメーターを見ると、

水温計がどんどん上昇し・・・・・・

13-1

原因は「サーモスタット」でした。

死因は「温度に達しても開かず」です。

修理に持っていくときは、雨でしたが窓を全開にして

エアコンを温風全開にしてオーバーヒートを防ぎながら走っていったので、

周りのクルマにはじろじろ見られて・・・

みんな、私のことバカだと思っていたに違いありません。

半分当たっていますが(笑)

さて、現在HONDA BF30D4君が入院しています。

アイドル不調の修理と各部の小点検です。

13-2

プロペラシャフトホルダー内部がススで真っ黒です。

かなり調子が悪いとき、こうなります。

プラグも真っ黒でしたし・・・

エンジンオイルの入れすぎのときも、なり易いです。

13-3

インペラー交換も迷われましたが、依頼となりました。

欠けはありませんが、交換しといて良かったかも。

シワや凹み癖みたいな・・・

13-4

パッキンも必ず同時に交換するのが良いです。

ペッタンコにつぶれていました。

(写真では太く写っていますね)

13-5

内側にやわらかめのグリスを極薄~く塗っておくと

いろいろと都合が良いです。

13-6

組立て時、バーチカルシャフトのトップとその下の

ウォーターシールの当たる部分には耐水グリスを

必ず塗ってから、組み立ててください。

絶対です。

13-8

ご依頼の内部アノードを交換します。

今回はオイルフィルターの交換は依頼が無かったので、

少々やりにくくなりましたが、通常はオイルフィルターが

外れているときに実施します。

13-9

アノードとともにカバーのパッキン類も交交換します。

パッキンを再使用すると、もし海水が漏れ出たとき、エンジンの熱で

半気化した海水をキャブレターが吸い込んで、

キャブとかバルブがやられて・・・南無!

水廻りのパッキンは慎重になります。

13-10

アイドル不調ですので、当然圧縮を測っておきます。

1番!

13-11

2番!

4ストロークの4ストロークらしい部分のひとつが

「バルブ」ですよね。

この、簡単に目で確認できないものの調子を確認する方法の

のひとつが圧縮圧力の確認です。

とくに、たまにしか使わない方は、不具合が発生している場合が

たまにあります。

バルブは線路と一緒です。

使わないと、管理の悪い場合、さびることがあります。

13-12

3番!

大丈夫のようですね。安心しました。

プラグをはずしているついでに、タペットの調整をします。

アイドル不調の修理ですから、当然実施します。

バルブクリアランスも、アイドリングの不調に

関係することが多いです。

13-13

タペット調整(バルブクリアランスの調整)をするだけで

アイドル不調が直ったこともあります。

吸気側が少々詰まっておりました・・・

13-14

さあて、重大部分の摘出を終わりました。

これからこってり分解清掃調整に入ります。

13-15

ヌギヌギ、スッポンポンになったBF30D4君。

見ていると、寒そうで、風を引かないか心配になります。

作業は台風の来ている今日でも、続くのでありま~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA