新着情報

Mercury・ME2.0Mのキャブレター修理と、携行タンクは消耗品だと思う

M1-300x168

皆様ご機嫌はいかがでしょうか。

夏まっさかりですね。

仕事をほったらかして、水遊びがしたくなる

今日このごろの暑さですね。

ディンギーやPWCに乗っているような、水しぶきが

恋しくなります。

さて、Mercury2.0君が入院になりました。

M1

オーナー様は、キャブレター周辺からガソリンが漏れてきて、

エンジンが掛からないとのことで・・・

「たぶん、キャブレターでしょうね」と言うことで

お預かりしたのですが・・・

分解を・・・「ギャッ~」

M2

予想通りですが、それ以上かも・・

M3

錆が大量に・・・携行タンクがもう、NGの予感です。

海水(塩)も混じっているのかも?

ガソリンスタンドで入れてもらうタンクも、

鉄の赤いのなら、2~3年ぐらいで交換するほうが

いいのかも知れません。

たぶん、修理代のことを考えたら、

そのほうが安いでしょう。

M4

燃料タンクの底にも、ほら、

水や錆の入っていた痕が残っていました。

ほかにも・・・

M5

これを見落としたら、怒られる?

たまに、「スパークプラグ交換」を拒否される方が

おられます。

まだ、機能しているからと・・・

私は、450円で自分の命が守れるなら、

安いと思うのですが。

さて、部品を注文しました。

キャブレターの内部には、錆やネバネバが

入っていて、少々てこずっておりますが、

今から続きを行います。

夕方、涼しくなる頃に作業のメインを持ってくるのが

最近の私の「流行り」です。

さあ、今日もあとひと頑張りです・・・・・・・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA