新着情報

BF9.9AMの続きと、BF8D1と70BETOと微速クラッチとMFS3.5Aです。

17-5

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

現在、MFS3.5A君とF5A君を持込を待ちながら、

昼食を取りつつ、これを書き書きしています私です。

お仕事がたくさん入ってきています。

死にそうです。

有難う御座います。

このままお盆休みまでは、死んでも頑張ります。

さて、オーバーヒートしていたBF9.9AM君の続きです。

17-1

ここが高熱で溶けていました。

仕方なくパワーユニットはずして交換になりました。

写真では穴があいていますが、通路はゴムが溶けて

へばりつき、水の通路は1mmぐらいしか残って

居ませんでした。

17-2

これも高熱で・・・・溶岩のようです。

これだけ高熱になっていたのに、HONDA船外機は

澄まし顔でエンジン掛かっています。

非常識な耐久性です。

壊れないので、新しいの買ってもらえません(泣)

17-3

直りました。

勢いが戻りましたよ!

17-4

年式なりに、振動が少し多いです。

ベースアイドルを100rpmだけおまけしておきます。

お客様には、近い将来、メタルやバルブの交換をして

延命するとか考える時期が来るかも?と伝えました。

延命すると、さらに寿命が延びます。

また新しいのを買ってもらう日が遠くなります。

正のスパイラルに陥りますHONDA船外機

頑丈過ぎます・・・・・

お次の患者さんはBF8D1君です。

ヨットでお使いのお客様で、4年前にも定期点検で

診させていただいております。

いつも有難う御座います。

17-5

水が漏れるということで・・・

17-6

電気腐食で、サーモスタット周辺のウォータージャケット

カバーが欠肉しております。

アノードの交換頻回数が少ないと思われます。

さらに、真水洗いをされていない・・・

17-7

「ああっ・・・・・」塩で詰まっています。

やばかった?

17-8

アノードは・・・これだったと思うのですが・・・

17-9

真水洗いの接続部分が、一番詰まっております。

ばねが出てきません。

17-10

よく見ると、サーモスタットも死亡しています。

17-11

頑張って、掃除をします。

オーバーヒートを起こさないように、塩を掻き出します。

内部にソルトオフを注入し、分解しない部分の塩も

溶けるように試みます。

17-12

きれいになりました。

部品が来たら、定期交換部品も含めて、続きに入ります。

お次はYAMAHA 70BETO君です。

忙しい合間を縫って、中紀へ走ります。

(CR-V君、酷使してごめんね)

17-13

エンジンが全然吹けないとのことです。

このエンジン、ボートとセットで以前勤めていた会社のときに

17~19年ほど前に販売させていただいたものです。

マリーナ所長と一緒に、いろいろチェックしていきます。

電気系は問題ないようです。

17-14

「あれっ」1番の圧縮がありません。

17-15

なんど、ガスケットが抜けていました。

マリーナの所長は「やった、安くで直る」と

横で喜んでおられるのですが・・・

確かに、ガスケット交換したら、直るのですが・・・・・

17-16

当然、冷却水(海水)は中に入って錆びていますし、

クランクシャフトのメインベアリングも、分解しないと

錆びているのか、いないのかわかりません!

オーナーに電話します。

17-17

慎重なオーナー様は、全部バラバラを選ばれました。

一番ベストな選択です。

ありがたいです。

修理後、あとでモメたりするのが、一番イヤです。

「一番安い方法で直して」と言われて妥協修理すると、

近いうちに再度不調になって、トラブルになりがちです。

昔GUNさんにきつく言われました。

「お客様のためを思って、部品は思い切って交換しなさい」

そのときは???でしたが、最近わかるようになってきました。

故障の判断をするのは、お客様ではありません。

自分で判断できる方は、修理に持って来ません。

交換したほうが良いか、悪いか判断するのは

サービスマン自身ということですね。

お次は、微速クラッチをノブ型からレバー方式への

変更のご依頼です。

17-18

工事の下見に行きます。

おっと、普段はディーゼルの工事はお受けしておりません。

今回は常連さまよりのご紹介のお客様なので・・・

17-18

スペースは大丈夫そうですね。

おっと、お待ちしていました、

TOHATSU MFS3.5A君がやってきました。

DSCF0005

TOHATSUさま、いつもお客様のご紹介

有難うございます。

来週は月曜から、雨でのびのびになっていた

BF225A6のベアリングの交換があります。

BF130AXのトリムシリンダーの交換も入りました。

BF50Aの再生も、そろそろ仕上げないと怒られます。

今月は遠方からの30ftの回航も入ると思います。

シーズン真っ盛りです。

仕事がいっぱいです!

楽しいです!!

 

コメントを残す

*

CAPTCHA