新着情報

BF225AK3と緊急出動のBF130AXの原因は・・・・・

22-3-300x168

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日、常連様より知人の方をご紹介いただきまして、

西のほうにある中古艇を見学したいということになり、

禁断の「休日出勤」を申し出た私であります。

そういえば創業以来、全く休んでいないどこかの

マリン店社長さんも居られます。

あっと、どこかの〇ま〇部長も、休みませんね~

この二人、変態ですわ。

中古艇・・・お客様がホレる、いい娘だったら良いのですが。

さて、今週はメーカーさん経由の依頼で来たとあるマリーナの

BF225AK3の点検で始まりました。

22-3

まあまあきれいに焼けたスパークプラグです。

22-13

タイミングベルトとかも点検します。

22-17

V6ぐらいになると、なにをするのも時間が掛かります。

お次は昨日の緊急出動の結果です。

このエンジン、今週点検の予約をいただいていて、

その業者様が上架前の下見に行って、不調を

発見、SOSが入りました。

13-1

BF150Aと聞いていたのですが・・・

もう部品取っているのですが・・・・(泣)

エンジンを掛けると

「ゴロンゴロン~」ディーゼルエンジンもビックリするような

異常です。

試運転5秒で「駄目駄目~壊れてますわ~」

で、調査開始です。

まず圧縮から。

13-2

「おおっ助かった!」

4気筒とも大丈夫です。

IGNコイルも問題ないようです。

では、はずした時にすごく違和感のあった・・・

13-3

なんと、4本のうち2本死んでました。

1本なら確か、7年ぶりぐらいです。

2本は初めてです。

たぶん、何年も交換しなかったんでしょうか?

私、クルマのでも車検の度に絶対交換します。

だから、2年おきに交換です。

クルマでも船外機でも、その寿命のうち、購入代金の次に高いのは

燃料代だと思います。(逆の場合も多いと思いますが)

なので、エンジンオイルやスパークプラグなど

燃費にすぐ影響を与えるものを適度に替える方が

燃費が良くなって、すぐにオイルやプラグ代を

越えて、結局お財布にやさしいと考えています。

エンジンオイルを交換しない、

スパークプラグを交換しない人は

燃費が悪くなり、

せっかくせケチケチしたのに

結果たくさんたくさんガソリンを使用している可能性があります。

このBF130Aは他のBF150AやBF225Aと違って

イリジウムプラグではないので、寿命が早いです。

2~3年おきに交換してね。

明日、上架して総合点検です。

雨、降らないでね!

コメントを残す

*

CAPTCHA