新着情報

HONDA BF2Dばっかりの日と、懐かしい電話がありました。

1-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

釣りシーズンまっさかり、お客様の来店が増えております。

昨日はなぜかHONDA BF2Dしか触っていない日でした。

1-1

まずはご契約いただきましたBF2DK2の納品前チェックです。

エンジンオイルを250cc入れます。

船外機は絶えず全開で使う場合が多く、

オイル消費消耗量がクルマよりずっと多いので、

私は規定量の90%~100%(エンジンによる)

入れるようにしています。

BF2DK2はとくに皆様全開時間が多いので

250CCギリギリきっちり入れます。

(私もBF2D4で釣りに行くと、出航から帰港まで

移動中はほとんど全開です。

なので4~5回乗ったらエンジンオイルは交換するように

しています。)

但し、入れすぎるとブローバイバスに混じるオイルが増えて、

外に垂れて出てきやすくなったり、キャブやスロボが汚れるのが

早くなるので、規定値以上はご法度です。

1-2

自分が売ったものは点検、修理、下取りなどで

返ってくることが多いので、

このボルトは必ず塩噛みしないように対策します。

1-3

その他、錆止め、潤滑いろいろ納品前の点検をします。

終わったら試運転です。

「ブンブンブンブンブンブンブンブンブン」

1-5

試運転が終わったら、キャブレター内のガソリンを抜いておきます。

1-6 (2)

お次は、定期点検に入っているBF2D6の続きです。

1-7

ネンリョウタンクにはうっすら錆の粉などのごみが

入っていましたよ。

1-8

お客様のご依頼でキャブレターの分解清掃です。

ひどい汚れはありませんでした。

1-9

「あれっ」

問題はありませんが、BF2D4のパッキンが入っていました。

過去にキャブレターの修理をされたことがあるのかな?

性能に問題は無いです。

1-10

ラインの巻き込みもピンの損傷もありませんでした。

1-12

あと、在庫していなかった部品を注文したので、それが

入ってきたら定期点検完成です。

最近増えております、定期点検のご依頼のお客様。

ご自分の安全を考えての行動、うれしい限りです。

次のBF2D6は、オーナー様病気で7年ぐらい使っていなかった

ので、エンジンが掛からなくなってしまっての修理のご依頼です。

1-13

「キャブレターのガソリンを抜いていない」とのことだったのですが、

ジェットがガソリンのミイラのせいで完全に詰まっています。

これは、もっともひどい例ですが、1ヶ月以上使わない場合は

キャブレターのガソリンを必ず抜きましょう。

弊社に来店になる方には、BF2DK2~BF30DK2までは

使用毎に抜くようお勧めしています。

ガソリンを抜かずに入院になった方のエンジンは、

このキャブレターお掃除工具のお世話になります。

この針、それぞれ太さが違います。

1-14

この方もエンジンオイル、ギヤオイル交換します。

1-15

今週はオーナー様の都合で入っていた出張修理が2件ほど

6月に変更になりました。

来月もあっちこっち行くことになりそうです。

あっと、先ほど電話があって、

数年前から関東に行っていたボートオーナー様が

大阪に帰ってきたとのことで、

明日来店されるそうです。

明日が楽しみです。

コメントを残す

*

CAPTCHA