新着情報

HONDA BF130AXが完全に直って気持ちよく走りました。

130-20

みなさま、ご機嫌はいかがでしょうか。

先週からのBF130AXの高圧燃料ポンプ、その他の修理の続きです。

130-20

あっと、この「2006・・・」というのは、このエンジンの年式では

ありません。

BF130Aの部品などのご注文の際、年式を尋ねると、

「2006年式です」と答える方、意外と多いのですが・・・

2006年の排ガス規制を早々とクリアしてるんですと、

自慢しているステッカーなのです。

ちなみの今回のお客様のは1999年式でした。

この、1999~2005年ぐらいのBF130AXは大変多いです。

そして、日産艇以外の場合も多く、Y社艇、S社艇、海外艇など、

新艇時からセットされているケースも大変多いです。

当時、世界初の100HPを越えた、電子制御燃料噴射の画期的

だったBF130A/BF115Aは、引っ張りだこだったのです。

ギヤケースは先輩のBF90A/75Aと共通だったのですが、内部のギヤの

歯数(ギヤ比)が違うので

内緒でBF90Aのギヤを組んでチューン・・・・・

私は、やりませんでしたけど。

2.3リッターなのに75/90と同じ13インチダイヤのプロペラなので、

いまUSAで流行の、私も好きな、

ホイールスピンしながら「ムムムムウムッ」と加速していきます。

今日の試運転でも、体感できました。

あっと、話を修理に戻して、

130-21

サーモスタットは・・・・当然交換しました。

お隣のご友人のより、燃費が悪いのですがと言われて、

ご友人のは1.6リッターなので、2.3リッターなので、燃費は

当然悪いとお答えしたのですが。

これも、原因のひとつだったと思われます。

全部の修理を終えて、前回からご相談を受けていた、

以前より、リモコンレバーをかなり倒さないと加速しない

と言うのを、改善しようと・・・

このボート、もともとマーキュリーが搭載されていたのか、

リモコンがマーキュリーのものを使っていて、

でも、33Cリモコンをつなぐ為、変換キットを装着しています。

で、長さの調整が甘くて・・・さらにケーブルも延びています。

ねじ山が大量に余っていて・・・

130-22

短時間でできるので、改良させていただきました。

130-23

なにをしたか、わかるかな?

ナット(ロック)の分も長さを稼ぎたかったので、取ってしまい

かわりにロックタイト赤で緩まないようにしています。

いろいろご説明していると・・・このケーブルも・・・

ボートを中古で買ったときから、こんな感じだったとのことで・・・

イカっておられました。

全部終わって、最後に海上試運転です。

船体は有名なメーカーの、Vのきついタイプのボートで、

大変私の好みのタイプです。

昔から、シーレイのラグーナとか、

ベイライナーのトロフィーとか、

そういうタイプのボート、大好物です。

エンジンはボートにベストマッチしていて、

加速もホイールスピン気味に比較的高めの回転を維持しつつ

つるつるつるっと前に出ていって、あっという間にプレーンに入り、

そこから少しトリムアウトしてやると、さらに加速をしていって、

ハンドルを切ると、深いVハル特有の、戦闘機が急降下に入るときの様に

「グイッ」とバンクをしながら、2次元のドッグファイトさながらの

8の字走行、クルクル、ツルツル痛快な走りをしてくれます。

試運転を忘れそうです。

リモコンケーブルの調整も、うまくいったようで、

レバーの動きに素早く反応するようになり、楽しいリモコン操作に

なりました。

楽しくなければボートや無い。

BF130AX君、完全復活です。

楽しいボートに生まれかわりました。

オーナー様、お願いですから、ボート売ると言うのは、やめてください。

(たぶん不調、不調といろいろあって、楽しくなかったんでしょうか?)

こんなに走りが楽しいボート、意外と少ないですよ。

何と言っても、カッコいいですし・・・

私がほしいぐらいと言ったのは、本音で~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA