新着情報

Mercury5.0の、キャブレターの不調の修理です。

c1

本日2回目の更新です。

a4

4ストのMercury5.0君は、アイドル不調と始動が困難ということで

入院しております。

お客様は「キャブレターや燃料ポンプを分解したが、直らない」?と

持ち込まれました。

試運転しようと、プライミングすると・・・

c1

「ジョロジョロ~♪」

ああ、キャブレター絶不調です。

これではエンジンが正常に掛かるはずがありません。

試運転をあきらめて、分解してい・・・あれ・・・

キャブ関連のボルトの締め付けトルクが、ゆるゆるです。

「そういえば、燃料ポンプも分解したとか・・・」

ゆるゆるでした。

単気筒のエンジンは振動が多いので燃料系統の

ゆるゆるは怖いです。

c2

「ああ、やっぱり・・・」

絶不調の原因がはっきりして、安心しました。

燃料ポンプの分解とか、余計な仕事があったので、

少し時間を食いましたが、キャブのOHをします。

c3

こってり分解清掃、賀完了したので、最後に試運転して調整です。

非常に調子がよくなりました。

ベースアイドルを絞ってもギリギリまで調子よく

回っています。

ギリギリより少し余裕のあるところで調整をしました。

明日、オーナー様に完了の電話をしよう。

あと、BF130A2のギヤケースを分解したところで

本日は終了しました。

コメントを残す

*

CAPTCHA