新着情報

悩ましい色々とBF90Aのギヤケースの修理完了いたしました。

16-3

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

前回のこのブログでご紹介していたBF2DK2ですが、

2-3

無事ご契約いただきました。

ありがとうございます。

新品に近い程度ですので、すごくお買い得です。

現在、3台の船外機を平行して修理を進めているのですが・・・

16-1

この50馬力は、火が全く飛びません。

マニュアルのトラブルシュートの内容は、全部実施しました。

 16-2

クランクケースを分解した形跡があります。

ホンダ船外機の工場の液体パッキンはグレーですが、

黒いパッキンで組みなおしてあります。

お客様○○○オークションでご購入されたとのことですが・・・

来た時から配線が+-逆だったりしたのですが、

落札前にはエンジンは掛かると書いてあったらしいのですが・・・

16-3

本当に、掛かっていたんでしょうか?

IGNコイルがパンクしています・・・・・。

まだまだ時間は掛かります。

お次は30馬力・・・たぶん修理不可能といいながら

預かったのですが・・・

なんと、オイルポンプに「泥?」が詰まっています。

(下の左の穴は、試しに私が掃除していますのできれいです)

 16-4

たぶん、何年もエンジンオイルを交換しなかったのでしょう!

これでは船外機のみならずクルマでも壊れるでしょう。

というか、自爆ですわ!

16-5

バルブとかピストンとかヘッドがぐちゃぐちゃで

「じ・えんど!!!」で御座います。

天国に行ってしまった30馬力君。チ~ン♪

成仏してね。

摩可般若波羅蜜多心経~

皆さんは必ず、100時間(2馬力は50時間)ごとに

オイルを交換しましょう。

で、BF90Aのギヤケースです。

こちら、角のなめた古いほうのドッククラッチ。

16-6

かわってこちらが、新品のドッグクラッチです。

16-7

なが~いスパンの消耗品でもありますが、

ギヤオイルの交換頻度が少ないと、早く問題が起こることも

あります。

16-8

5Fと書いてあるほうが前進側です。

16-9

シールも交換します。

16-10

こちらのも交換。

16-11

完成したら、圧力テストをします。

規定圧をかけて、規定時間圧力を保持できるかとか、

シャフトを回して漏れないかなど、精密に検査します。

極まれに、プラモデルを組むぐらいの感覚でお話を

されるお客様がいらっしゃいますが、悲しくなります。

(お車や機械関係のお客様方はよくご存知の方が多いので、

逆に安心してお話が出来たり、勉強になったりします)

16-12

完成いたしました。

後は計算して、お客様にご連絡するだけです。

九州まで送ることになると思います。

ああ、これだけです。

いつも通り作業が進んだのは・・・

悩ましい日はもう少し続きそうです・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA