新着情報

HONDA BF150A4XCNと外人のケツを拭く?!

03-11

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今朝、TVを見ていたら、広島の三段峡と言うところの観光船が

映っていまして、なんと、HONDA BF2Dがセットされているでは

ないですか!

03-0

川くだりとか、観光船にもたくさん使われている

HONDA船外機、日本、いや世界各地で活躍しております。

やっぱり耐久性を見込まれて選択されたのかな?

お客さんが乗っているときに故障とかしたら、大変ですし・・・

琵琶湖の免許不要レンタルボートなんか、徐々に入れ替わって

今ではほとんどBF2Dしか見ないようになっていて・・・

耐久性なら誰にも負けませんよ!!

さて、とあるマリーナ様より、修理のご依頼で行ってきました。

03-1

カリフォルニア?ULTRA-LOW・・・?

そう、このBF150は、中古ボートと一緒に日本にUターン里帰りした

海外モデル君です。

さらに・・・

03-2

カウンターローテーションモデルです。

逆に回ります、プロペラ。

2基掛けのときに、片方に逆回転モデルをセットします。

で、この子のギヤの調子が悪くて、ガリガリガリ・・・

抜けてしまうとのことです。

03-3

アンダーカウルをはずします。

03-4

この辺が怪しいので分解しますが・・・・・

丁寧に各部/細部までグリスが縫ってあります。

やるな、外人。

たまにトラストさんがお世話をしていたような中古艇とか

整備すると、このように細かなメンテナンスにめぐり合うことが

あり、勉強になったりします。

03-5

予想していた部分にガタはありませんでした。

う~ん・・・

03-6

仕方が無いのでギヤケースをはずします。

HONDA船外機の中~大型モデルは、市販品の

板ラチェット14が使えます。

スピーディーです。

03-7

ニュートラルポジションで、シフトロッドが時計周りに

ずれています???

ギヤケースのせいではないようです。

あと、残すところ可能性があるところは1っ箇所・・・

でも、そこは絶対ずれるところではありません。

Tさんに電話して助言をいただきます。

やはり、可能性は低いが、そこがずれているしかないと・・・

でもそこの確認は、正攻法ならパワーユニットをはずさないと・・・

もしくは手探りで合わせるか・・・

「Hさんなら出来ますよ!」(笑)

「そんな、ぜったい無理、ムリ~」

電話を切って、ぶつぶつ言いながら再度分解を

開始します。

目をつぶって、心の目でギヤの噛み合わせを

手探りもあわせてずらしていきます。

「絶対むりやわ~無責任なこと言うわ~・・・あれ?」

なんか、しっくりいくところにはまったようです。

再再度組み立てていきます。

どうも、その、可能性がほとんどない部分がずれていたのが

確実になりました。

推測ですが、海外で細かく分解整備/グリスアップしたとき、

外人が誤って「スポッ」と抜いてしまって、間違えてギヤを

あわせてしまったような気がします。

やられた~外人!

03-8

ギヤケースのボルトのねじ込みは、ギリギリまで

工具無で手で入っていきます。

1本目は重たいギヤケースを突き上げたまま片手で締めるので

いつも大助かりです。

HONDA船外機の組み立て/工作精度には、感心します。

03-9

プロペラシャフトには、たっぷりマリングリスを塗布します。

私はグリスAです。

マーキュリーのアンチコロージョングリスも良いです。

03-10

ペラナットのピンが折れたので、新品に交換します。

私でも予備のピンを持ち歩いています。

折れたピンを再度使って、バックに入れたらプロペラが

「ハイ、サヨウナラ~」では済みません。

最悪漂流です。

さて、試運転です。

バッチリ直りました。

あまりにうまくいったので、ギヤケース内部の確認は、

もう少し様子を見てからにするとのことです。

03-11

確かに・・・・どうしても分解/確認しないといけないような、

状況ではなくなりました。

ガラガタガタも一切言わず、仕事が減ったのは残念ですが、

気持ちよくスパッと直ったので試運転では口数が増えて、

ルンルン試運転です。

「請求はきっちり満額して下さい」

マリーナさんも気分が良いようです。

おい、誰か知らんけど、前にこのボートの担当してた外人!

ケツ拭かせやがって!!

今度○○○行くことがあったら、ビールぐらいおごれ~?!

コメントを残す

*

CAPTCHA