新着情報

BF90AVは20年前ですから、部品が・・・

9A-1

皆様、ご機嫌いかがでしょうか?

BF90AVのギヤケースの持込修理です。

BF90Aは、一番初期型のBF90ATが発売されたのが1995年9月となっております。

記念すべき登場でした。

そのあとの1996年12月にマイナーチェンジして発売になったのが、

今回のBF90AVです。

そう、20年前のモデルです。

その後もBF90AY(1999/7)→BF90A1(2000/6)→BF90A2(2001/4)と

当たり前ですがマイナーチェンジを繰り返し、2006年10月に

現在のBF90Dとバトンタッチしました。

よく「BF90の部品ちょうだい~」と連絡を受けますが、

チェンジしているのですから、部品が違う部分があります。

「フレーム番号教えてください、BBBU-1234567みたいなやつです」

というのですが、「わからない」「近くにない」とか、場合によっては

「プロのくせにわからんのか」と怒鳴られたこともあります。

怒られても、わからないことはわかりません。

必ずフレーム番号(検査手帳の製造番号)を教えてください。

話を戻して、このBF90AV、バックが抜けるとのことで、

分解してみると・・・・・

9A-1

ドッククラッチの角が削れて、ナメて丸くなっています。

9A-2

この角度のほうが、わかり易いかな?

さらに真上からも追加・・・

9A-3

わかりますよね。

角がだいぶ無くなっております。

ギヤーオイルをぜんぜん交換しない方、

リモコンケーブルの調整をしない方・・・・

気をつけましょう。

以上、リバース(後進)側でしたが、比較のために、

まあ、いまのところ大丈夫な前進側ですが、

9A-5

 「F]の文字は、フロント側を表す記号です。

こちらの「角」は新品ほどではありませんが、

まあまあ、とがっています。

9A-6

これはベベルギアのリバース側です。

こちらも少々、角が丸くなっています。

で、クラッチとベベルギアRですがBF90AVのは販売終了しており、

そのあとのBF90AY以降のものとギヤやクラッチを全部交換

することになります。

高くなりそうで、お話をすると、修理をやめてしまわれました。

まあ、20年前ですから、そろそろ部品も無いものが出てきても

仕方ないでしょうか。

修理できないわけではないのですが・・・・・・

昨今、ヤフオクで手に入れたとか、よく聞きますが、

あまりに古いのは、やめておきましょう。

どこのメーカーの船外機も、同じです。

特に安すぎるものは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA