新着情報

HONDA BF2D6とM3.5AとBF15Aは透視できれば楽なのですが・・・

013-6

皆様、ご機嫌はいかがですか?

私は先日の連休に、用事のついでに

001-3

大改修の終わった真っ白の「姫路城」を

見てきました。

何年か経つと、くすんでしまうらしいので、

真っ白が見られるのはいまだけのようですので・・・

すごい人でした。官兵衛効果でしょうか?

個人的にはひこにゃんも好きですが・・・

さて、先日修理に入っていたM3.5Aですが・・・

011-14

原因は

013-2

でした。

これに限定するのに、少してこずりました。

Ωがどれも数値どおりにならず・・・

最後は、テストパーツを「ゴソゴソ」引きずりだして、

クロスチェックして・・・

次のBF2D6は、

011-15

ああ、あちこちいろいろと・・・

013-3013-4

013-5

主要部ほとんど、まともではなく、

013-6

新品に買い替えされました。

なにやら前のは通販で買って、わからないことだらけで、

そのときオイルを入れすぎて、うち来た事があったらしく、

あれこれお話していると、

ほとんど使いっぱなしでノーメンテだったようで、

心機一転、今度はきっちりしたいとおっしゃっています。

ほかにも珍しいBF15A XHJが入院しており

013-7

オーバーヒートするとのことで・・・

012-1

サーモスタット・・・アーメン♪

012-2

サーモスタットが開いたあと、水が逃げていく

通路が・・・完全に詰まっています。

これでは、オーバーヒートするはずです。

サーモスタットは、2~3年おきぐらいで

点検し、必要があれば交換してください。

私が毎年定期点検をしている船外機は、

2年おきに交換しております。

消耗部品を定期的に交換されるオーナーは、

めったに不具合に合われませんが、

ぜんぜん交換せず、不調になった場合は、

たくさんの可能性があるので、修理に時間が掛かって、

あっというまに数年分の消耗品交換を超える費用に・・・

このBF15A、ご相談してこれからシリンダーヘッドの

分解に入ります。

サーモ周辺がこれですから、

内部に塩が詰まっている可能性もありますし・・・

慎重なオーナー様に感謝です。

内部が透視できれば楽なのですが、残念ながら

見えません。

こってり分解しま~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA