新着情報

HONDA BF15AMと磨耗の限界を超えてバルブが落ちかけていました。

15-11

皆様、ご機嫌はいかがですか?

本日、お弁当を食べていたら、電話がZZZZZZZZZZZZZと・・・

お昼時の電話なので、よっぽど緊急なのかと出てみたら、

「ホンダ115馬力のトリムシリンダーの値段を教えてください」と、

言うことでした。(知らない方です)

ホンダの115馬力は、BF115AとBF115Dがあり、

BF115AはAXとA2の2種類がありますので、

「フレーム番号を教えてください」とたずねたのですが、

はじめは良く分からない様子だったのですが、

「BZBD-○○○○で分かりませんか?」

数字のところは、7ケタなのですがとお尋ねしたのですが、

4ケタしかわからないと・・・

仕方なく、だいたいこの辺かも?という年式の

部品の価格をお教えしたのですが・・・・

う~ん、どなただったのでしょう?

PTTに電気腐食で穴が開いたと言われていました。

お気の毒です。

係留の方は、アノードは毎年交換しましょう?

イヤなら、陸上保管してください。

あと、お昼のお電話は、お控えください。

お弁当、冷めてしまいました(笑)

さて、本日の入院は、HONDA BF15AMでした。

有名ショップさんからのご依頼です。

15-11

ちょうど、午後の作業予定であった

エンジンの部品が来なかった?ので、

昼寝をするか、読書をするか悩んでいたので

持ってこられて助かりました。

(部品が無いと、タダの暇なおっさんです)

エンジンを掛けようとしますが、全然NG・・・

圧縮を計ると・・・

2番はちゃんとしているのですが・・

15-12

1番は、なんと「ゼロ」です。

15-13

すぐにショップの店長さんに電話して状況をお話します。

続けてバラしていいのか?の許可も請います。

シリンダーヘッドをばらさないと、原因が確定しないので、

バラすと引き返せなくなるので、決心を伺います。

「修理代いくらになりますか」

分解して原因を特定するまで、分からないというと、

「お願いします」とのことで、

 15-14

ヘッドをめくります。

1番のエキゾーストバルブが、緩めても緩めても

こちらに来るので、こいつがおかしいと思いますが、

開けないと損傷の度合いが判断できません。

15-15

ロッカーアームをフリーにしても、

開いたままです1番のエキゾーストバルブ!

15-16

バルブの上のくびれおよび、リテーナーの引っかかる部分が

磨耗で限度を超えて、外れておりました。

さらにラッキーなことに、ピストンに接触痕はありません。

このエンジン、平成11年式ですので、15年前のものです。

業務で使う方や絶えず全開で使うかたは、

8年~10年が過ぎましたら、この辺の部分の

オーバーホールをすると、少し高くつきますが

延命できます。

あと、オイル交換をあまりしない人も、

このような磨耗をするケースが見受けられます。

さて、お見積をFAXしました。

どうされるでしょうか・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA