新着情報

HONDA BF9.9D1とまた自主回収の未実施機を発見いたしました。

9.9A1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

先日、緊急手配したBF2D用のプロペラですが、

すでに残り○枚となってしまい・・・

P-8

このペースだと、今度こそ1~2週間バックオーダーと

なりそうです・・・

うれしい悲鳴と言うか、本当に有難うございます。

メーカー様とのお約束で、しばらくは日本での販売は

弊社のみとなります。

さて、先日、HONDA BF9.9D1が修理に入ってきました。

9.9A1

D1ですから、BF9.9A2から新型に切り替わった

すぐのモデルです。

症状をお聞きして、「たぶんキャブですね」と、

時間があったのでお客様の前でキャブレターを

ばらして、「ここが詰まっていますね」とお見せしました。

ほかにも詰まりは確実なので、納得してお預かりさせて

いただきました。

さて、キャブの清掃をと・・・

9.9A2

フロートチャンバーの下をバイパスして通じている

加速ポンプ通路が詰まって、通りません。

クランク曲がり2回なので、ヤマハさんの誇る

スーパーキャブレタークリーナーにすべてを託します。

ぶくぶく、シュー、待機、ぶくぶく、シュー、待機・・・・

あきらめかけた5回目で通過しました。

さすがスーパーキャブクリです。

いつも頼りにしています。

通貨しなかったら、チャンバーを交換になるところでした。

9.9A3

加速ポンプのエレベーターも、降りたままあがってきません。

これはスーパーキャブクリでもだめで、ヒートガンで軽くあぶって

「ビヨヨ~ン」と飛び出してきました。

「やれやれ・・・んんん・・・ああ・・・ああああああ発見やー」

9.9A4

加速ポンプブーツが、自主回収されておりません。

この加速ポンプブーツは、国土交通省に届出され、

無償修理の対象となっていました。

(初期のモデルのみです。不安な方はメーカーHPで

自分のエンジンのフレーム番号を検索してください)

http://www.honda.co.jp/recall/power/

9.9A5

昔、大阪東部にたくさん船外機を販売されるお店があったのですが

お店を閉めてしまったので、たぶん今回のBF9.9D1も

そういった理由なのかな~と推測しました。

早速、無償修理を実施します。

9.9D6

対策済み部品と交換いたします。

9.9D7

対策済み部品には、下に金属のリングが付いています。

これが付いているものは対策済み、または最初から

問題なしのエンジンです。

9.9D8

交換終了しました。

証のシールを張ります。

9.9D9

完了です.

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA