新着情報

HONDA BF2D6とエンジンオイルの入れすぎにご注意を!

21-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日は朝から、常連様がわざわざ「新型プロペラ」を

買いに来ていただきました。

P-8

以前にもいろいろなプロペラを試したことがあるそうで、

いいのが出たと、即買いです。

有難うございました。

先週末、溜まっていた修理の引渡しが大方済んで、

台風のおかげで新しい修理が入ってこず、

「一休みできる」とたくらんでいたら・・・

21-1

一気に2台入ってきました。

明日もBF8D2を持ってこられるとのことで、

ああ、甘い考えでした・・・

いやいや、お仕事のご依頼をいただきまして、

ありがとうございます。

さて、そのうち1台ですが、長期保管後、エンジンが掛からない

とのことだったので、キャブをバラしますが・・・

21-2

「あれあれあれ~」

中から大量のエンジンオイルが出てきました。

「ひょっとして?」

21-3

キャップをあけると、エンジンオイルが滴り落ちて

出てきます。

逆に傾けたのかとも思いましたが、

エンジンオイルの入れすぎのようです。

21-4

少し抜き過ぎましたが・・・100CC弱、いや

80ccほど多かったと思います。

本来250ccですから、約30%ほど多かったようです。

2馬力は少ししかエンジンオイルが入っていませんので、

多すぎず、少なすぎず、毎回きっちり確認を

お勧めします。

あと、ギヤケースの取付ボルトですが、

21-6

穴が下向きになっているので、ここのボルト、

海水が溜まりやすいのか、

塩噛み&固着しやすいです。

数回の使用で固着っているやつ見たことあります。

21-7

私は気が付いたとき、直接修理に関係なくても、

ここのボルトを抜いて、ネジロック剤を

たっぷり塗って戻しておきます。

出ないと固着して・・・ポキッ・・です。

もう一本のボルトは、向きが逆なのか

あまり塩噛みしません。

でも一応、ネジロック入れておきます。

次回の修理のためです。

21-5

無事エンジン再始動しましたBF2D6君、

明日お迎えが来ます。

さて、もう一台のほうに、取り掛かるとします。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA