新着情報

謎のさくらんぼとBF175A3のタペット調整をしましたよ。

175-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日は出張点検で留守にしていたのですが、

今朝出社すると、

宅配便さまの不在通知が入っていたので電話して持ってきて

もらったら、「さくらんぼ」でした。

贈り主は「同上」、つまり私から私へ・・・なんじこりゃ???

「広島本社からのプレゼントかな」

産地の方が本社とここを間違えたと思ってお礼の連絡をすると、

さくらんぼ

「送っていないよ・・・・・・・・・・・」と、

ええっ、では誰が送ってきたのか?

「中あけたの?あけたら請求書が入っていて・・・」(怖)

とりあえず、宅配便さんに「心当たりがないので、

引き取ってほしい」と電話して・・・・

ふと思い出して、産地のご出身いつもお世話になっている業者さんを

電話してみると・・・

「おくりました」と・・・・

宅配便様、ご迷惑をかけました。

新手の詐欺かと、ビックリいたしました。

さて、昨日はHONDA BF175A3の整備で某マリーナさまに・・・

175-1

数年間ぜんぜん整備をしていなかったらしく、

消耗品を全部交換するとか・・・

でも、タペット調整が出来ないので、来てほしいとかで、

タペッだけでは半日ぐらいの作業だけになるので、(泣)

午後にも近くに用事を作って無理やり行って来ました。

(いつもお世話になっているので、まあいいか)

まず、パソコン診断です。

175-2

使用時間も少なく、問題はありません。

今回、オーナー様よりの「振動がする」というのが

点検整備のきっかけになったとのことですが・・・

175-3

バルブペット調整の開始です。

BF175A3なのでVTECは付いていませんが、

インテーク側の、同じような機構のほうは、

いつも、あまり隙間は詰まっておりません。

でもエキゾースト側は、大体詰まっており、

調整を行います。

175-4

カムシャフトプーリーのカバーの上の左右の小窓を開けて、

タイミング位置を確認しながら行います。

で、ここで豆知識・・・

通常V型シリンダーの番号を「1番、2番・・・」と数えていくとき、

上、または進行方向の前のほうが1番で、

その隣が2番、1番の下(または後ろ)が3番と

ジグザグに数えていくのですが、

本田技研工業では、右バンクが「1番、2番、3番」で

左バンクが「4番、5番、6番」です。

たとえばマークルーザーV6と照らし合わせると、1番は同じですが、

マークルーザーの2番はホンダの4番、

3番は2番で、4番は5番、5番は3番、6番は同じです。

これを知っていないと、タペット調整や点火順序、

インジェクターの噴射テストで

「?????????????????」

となります。

前に超プロフェッショナルのサービス店さんに

「ややこしい」と怒られたことがあります。

私が決めたのではありませんので、お許しください。

私は慣れているので、なんら問題は感じておりません。

さて、ひとつずつ隙間ゲージで調整してきます。

175-5

調整を完了後、カバーをして、組み立て完了しました。

陸上試運転をすると、振動なんて微塵も感じません。

「高速で航行すると、ひどいらしい」

あれっ、と思いましたが、であるならプロペラとかでは?

というと、試運転もしようということになりました。

WOT(全開)でも、絶好調です。

振動はございません。

試運転が終わって、引き留めようとするハーバーマスターを振り切り、

午後の仕事に向かいます。

おかげで向かった先で、

「おおひさしぶり」と、挨拶代わりのような

注文をいただきました。

午後からコーヒー飲んでだべっていたら、

これは無かったですね!

海の恵みの感謝です。

さて、不具合の訴えが、本当なのか?勘違いか??のBF175A3君、

タペット調整をしたので「絶好調」でモーターのように回ります。

消耗品も全部交換されたので、ますます長生きです。

さあ、さくらんぼ食べて続きがんばるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA